←HOME

大好きを‘伝えて’の絵本 
         絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

『あなたがだいすき』
 ロビン・クルーズ 作
 マーガレット・チォドス−アーヴァイン 絵
 木坂涼 訳
 コンセル

 あたりが だんだん あかるくなって
 そらが バラいろに かがやく あさ…

 げんきに のびをして
 あ〜んと あくびをする あなたが
 ママは だいすき。

 『ママはだれがすきなの?どんなことがすきなの?パパはだれからすきなの?どんなことがすきなの?』そんな質問に答えた絵本です。私の子供たちが赤ちゃんの頃、そしてまだあどけないしぐさが残っていた頃を思い出しました。ただいるだけでかわいかった子供たち、何をしてもかわいくて仕方なかった時間がなつかしくなりました。それを今の子供たちと重ねてみると…あの頃の気持ちを思い出し、憎まれ口たたかれようが無視されようが、あなたの存在は私にとって大事なことなのよ、とそっとつぶやいてみますか。                                          



『あいしているから』
  マージョリー・ニューマン 作
  バトリック・ベンソン 絵
  久山太市 訳

  評論社

 モグラのモールくんは、ひなどりを みつけました。まってもおやどりはたすけにきてくれないので いえにつれてかえりました。「ぼくの ペットだ」モールくんが いい、「あいしているから」といってとりかごをつくってしまいました。

 この絵本は、自分の「あいしているから」を主張してしまうと相手に悲しい思いをさせてしまいますが、相手のことを思いやった「あいしているから」だと、自分は悲しい涙を流すけど相手は喜んでくれる、そんなお話しかな、と思いました。自分の「あいしているから」出てくる気持ちと、相手を思いやって出てくる「あいしているから」は、同じ「あいしているから」なのに違うのですね。‘思いやる’って、こういうことなんですね。

 また、お父さんとお母さんとおじいちゃん、決して「だめ」や「いけないこと」とは言わず、見守りながら言葉掛けをしているのがまたいい感じでした。 悲しい涙を流したモールくんも、最後は暖かい気持ちになりました。





『おじいちゃん』
(語り継ぐ戦争絵本シリーズ)
  神津 良子 作
  北野 美子 絵

 「ママ、ぼく生まれてきてもよかったの?」ナオはママに聞いてみた。「何をバカなこと言っているの」 ある日ナオは、ママが友だちに送ったメールを見てしまう  あの子が生まれた時、素直に喜べなかったの  。

 ナオは、おじいちゃんの幻と共に、おじいちゃんの子どもの頃、満州開拓の悲惨な現状を目にすることに。おじいちゃんは苦しい子ども時代を過ごし、大人になって結婚した。しかし、奥さんに早く死なれ、どう子ども(ママ)を育てればよいのかわからなかったのだと  ママはね、母親の胸を知らないのだよ。ナオ、ママを許してやりなさい  おじいちゃんのメッセージが続きます。

 親子の仲裁を上手にしてくれる第三者って、現代にはなかなかいませんね。とても素敵な絵本、メッセージだと思います。




『ママがおこるとかなしいの』
 せがわふみこ 作
 金の星社
ママがおこるとかなしいの

 題名を聞いただけでドキッとしてしまいますが、内容はメグちゃんがお友だちとけんかをします。その時ママは、こーしなくちゃこーしなくちゃ、おまけにメグちゃんはわがままでおこりんぼなんだからと言いました。メグちゃんの心の中はますます、もやもや、そしてメグちゃんは悲しくなってきます。お父さんもお兄ちゃんもメグちゃんの心を重くしてしまいます。そしておばあちゃんに話すと、おばあちゃんの言葉によって、メグちゃんは自分の本当の気持ちに気づき、けんかの後の気持ちもスッキリ。「おばあちゃんの みみは まほうのみみ?」とメグちゃんは、おばあちゃんに聞きます。お母さんにもまほうのみみはあるんだよ。とおばあちゃんは教えてくれました。

 「パパもママも、まほうのみみをもっているんだよ。まほうのみみだってことを わすれているだけだよ。」「でも どうやって?」「メグちゃんの こころの おくのおくにある きもちを しょうじきにいってごらん。それがまほうのことばだよ。」

 素敵なおばあちゃんだな…と思いました。こういう丁寧なやりとりが今とっても必要なのではないかと思います。

 子どもにどう言葉かけしたらよいのか困ってしまうというお母さん、参考になさったらどうでしょう。お父さんにも読んでもらうと、協力が得られやすいかなと思います。




『おくりものはナンニモナイ』
 パトリシア・マグドル 作
 谷川俊太郎 訳
 あすなろ書房

 ムーチは だいすきなアールに おくりものを したかった。だけど アールは なんでももっているのです。そこで そうだ 「ナンニモナイ」をあげればいいんだ。・・と思いついたムーチは・・・。

 「ナンニモナイ」物・時を楽しむことって意外に簡単ではなく、何かをしていないと不安になる。でも小さい子どもたちは、「ナンニモナイ」をわけもなく楽しむことが出来る。それは彼らが、「今ここ」を楽しむ達人だからかもしれないね。お話の後半は、絵の中のゆっくりと流れる時間を楽しんでください。




『おこりんぼママ』
ユッタ・バウアー 作
小森香折 訳
小学館

 ママがものすごくどなったら、ぼくの体がバラバラになってとんでいっちゃった。ぼくは、あしだけに なっちゃったから、見つけたくても目がないし……「たすけて」って 言いたくても、くちばしも ない。・・・と、何だか切ないお話ですが、結末は暖かい気持ちになるので安心してくださいね。

 それにしてもこの本を手に取った時、「うわっ!」って思いましたよ。まるで私のことみたいって。子供の時ひどく怒られると、ほんとうにこの本のぼくのようにバラバラになった気がしたものです。それなのに今は『おこりんぼママ』に度々なっています。だからママの気持ちと子どもの気持ち、どっちも分かるなあって思うんですけどね・・・。




『いいこってどんなこ?』
 ジーン・メディト 文
 ロビン・スポワード 絵
 冨山房

 うさぎのバニー坊やは、いいこになってお母さんによろこんでもらいたいと思ったのかな?お母さんに「いいこってどんなこ?」
「ぜったいなかないのがいいこ?」「おこりんぼはいいこじゃない?」「おかあさんはぼくがどんなこだったらうれしい?」といろいろ聞いてきます。
お母さんの答えは、単純明快!
でもなかなかこういうふうに子どもに言ってあげられないですよね。
あるお母さんは、「この本を自分で自分に読み聞かせてます」と言っていました。




『ぼくとおかあさん』
 宮本忠夫 作
 くもん出版

 「おかあさん、ぼくがすき?」とこぐまがきくと、「ええ、すきよー」とおかあさんぐまは、こたえてくれます。でもおかあさんぐまは、いいこのこぐまがだいすきみたいです。そして、こぐまはこぐまはいいこのときばかりじゃないみたい。そんなとき、おかあさんぐまは、「いいこをうんだのよ」と言って、こくまが、おなかのなかにいたときのことを話してくれます。
 とってもユーモラスな表情のこぐまとお母さんぐま。ふたりのやりとりに、思わずぷっと笑ってしまいます。「いけないこね」とこぐまをたしなめるおかあさんぐまからも、やさしさと愛情が伝わってきて、母と子のひとときを過ごすのにいい絵本です。
 「おとうさんのめを」、じーとじーとみてごらん」とおとうさんぐまがこぐまに、何か大切なことを伝えようとする『ぼくとおとうさん』もすてきです。2冊一緒にどうぞ。




『かあさん、わたしのことすき?』
 バーバラ・ジョシー 作
 バーバラ・ラヴァレー 絵
 偕成社

 「あなたが大好きよ」「どんなあなたでも大好きよ」と、お母さんがわが子に愛を伝えるおっかけっこの絵本です。
 主人公はイヌイットの少女。世界中のどの子どもたちも。こうしてある時ふと親の愛情を確かめたくなるときがあるのだなと思います。
 イヌイットの少女も、繰り返しお母さんに問いかけ、お母さんもまた、そのたびに愛情たっぷりの表現で答えてやります。“親子の絆”というテーマと共に、イヌイットの人々の暮らしの様子も、生き生きと伝わってくる素敵な絵本です。




『こころからあいしてる』
 ジャンーバブティステ・バロニアン 文
 ノリス・カーン 絵
 評論社

 こぐまのポロは、トナカイのおじさんに「こころからあいしてる」という言葉を聞き、「それはどんなことだろう」とペンギンやアザラシの友だちに聞いてまわります。ポロは「こころからあいしてる」ということがどんなことか、分かるでしょうか?




いつまでもすきでいてくれる?』
 マーガレット・P・ブリッジス 文
 メリッサ・スウィート 絵
 評論社

 この絵本に登場するのは、カンガルーの母子。公園で遊んでいた坊やをお迎えに来たままに、坊やは聞きます。
「ママ、ぼくはいつまでたってもぼうやなの?」
「いいえ、まいにちまいにちおおきくなっているわよ」
「おおきくなっても、ぼくのことかわいい?」
「もちろんよ。ぼうやがげんきでおおきくなることが、ママのねがいよ」
「ぼくがおとなに、なっちゃったら?」
と、延々と、坊やとママへの問いかけは続きます。さあ、ママはどんなふうに答えてくれるのかな?『ぼくにげちゃうよ』そっくりなのですが、これまた負けず劣らずステキな絵本です。




『ひとりぼっちのかいぶつと いしのうさぎ』
 クリス・ウォーメル 作・絵
 吉上恭太 訳
 徳間書店

 そのかいぶつは、「絵でみているだけじゃ、ほんとのところは わからない。・・・そのみにくいことといったら、とてもことばじゃ、いいあらわせない」ほどみにくい。かいぶつがでてくると、どうぶつたちは逃げ出し、花はちり、木の葉はおち、草もかれ果てた。そこには石とかいぶつだけが残された。さびしさのあまりかいぶつは石でうさぎをつくった。石のうさぎは動かないけれど、それでもかいぶつは幸せだった。

 かいぶつは、自分の命の終わりまで、他の誰かや自分自身を責めたりしない。幸せは自分の力でつかむもので、自分の心が感じることだから・・・。

 表紙のかいぶつの絵を見た息子が、「うわっ!気持ち悪い顔だね」と言ってまじまじ見たくらいリアルに醜く描かれています。とはいっても、かいじゅう好きの息子には、私が見ているのとはのとは、また見え方が違うのでしょうけれど・・・。




ともだちくるかな』
 内田麟太郎 作
 降矢なな 絵
 偕成社

 「おれ オオカミ。このあいだ おれの ともだちに なったやつが いるんだ。そいつは すごく いいやつでさ。あしたは まちにまった おれの たんじょうびだから、だからきっと あいつが やってくるだろう、やくそくなんか しなくても。おれたち ともだちだからな」
とオオカミくんが友だちを待っています。
 ところがその友だちはなかなかやってきません。昼過ぎて夕方になっても、友だちは来ませんでした。次の朝、起きてみると、オオカミは、さびしいさびしいオオカミになっていました。オオカミはさびしい気持ちをなくそうと、四苦八苦。とうとう、「心なんかいらないぞーっ」と心をはき出してしまいました(その顔がすごい迫力)。
 そそっかしいオオカミくんの勘違いから起こる騒ぎが、とってもおもしろい! 小学校での読み聞かせでも、とっても人気がある絵本です。
絵本目次へ    HOME