←HOME

誕生・命のはじまり・赤ちゃんの時の絵本 
           絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

『あかちゃんは おかあさんと 
    こうして おはなし しています』
 スギヤマカナヨ 作
 赤ちゃんとママ社

 ぱくぱく
  「おなかすいたのね」
 ちゅぽ んくんくんく
  「おいしい? いっぱい のんでね」
 とんとんとん ぐふ
  「おなか いっぱいに なったね」
 にぎにぎ にぎにぎ
  「あくしゅ、あくしゅ」

 赤ちゃんといっしょに過ごしていくうちに、赤ちゃんが全身で伝えてくるすべてが、赤ちゃんの「ことば」であることに気づきます。そして、お母さんがなでたり、とんとんしたりする手のぬくもりも「ことば」です。いっしょに泣くことだって、ふたりのことばに違いありません。そうやってことばを見つけながら、毎日少しずつ、親子になっていくのだと思います。(スギヤマさんのメッセージから)

 この絵本に描かれているお母さんと赤ちゃんのやりとり、スギヤマさんが伝えようとしていることは、抱っこ法の原点だ!と思って、こんな絵本があることにうれしくなりました。




『おへそのあな』
 長谷川義史 作
 BL出版

ちいさな ちいさな あかちゃん。
いまは まだ おかあさんの おなかの なか、 だけど……。
お母さんの おへその あなから みえる みえる。
おにいちゃんが みえる。なにしてるのかなぁ。

みて みて、ロボット つくったよ。
うまれてくる あかちゃんに あげるんだ

まだおなかの中にいる赤ちゃんがおへそのあなかから見たお話しです。おにいちゃんもおねえちゃんも、おとうさんもおかあさんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、みんな赤ちゃんが生まれるのを楽しみにしています。おいしいにおいも、やさしい音も…。




『うまれるってうれしいな』
 堤江実 作
 杉田明維子 イラスト
 清流出版

 あるひ ぼくはきめたんだ ちきゅうにうまれようって!
 もっと もっと あいすることをまなぶために
 もっと もっと ひかりにちかづくために

 赤ちゃんが生まれる決心をして、お父さんお母さんのところにやって来ることを詩った、とてもすてきな絵本です。生まれたばかりの赤ちゃんに、最初に読んであげたいなあという絵本です。

 あとがきには、「勇気をもって生まれてくる赤ちゃんがみな、いのちにあふれ、喜びにみち、幸せでいられるような、そして世界中を光で満たすことができるような、平和な地球であってほしいと祈ります」とあるのですが、本当にそうあってほしいなと思います。




『うちに あかちゃんが うまれるの』
 いとうえみこ 文
 伊藤泰寛 写真
 ポプラ社

 わたし まなか、6さい。たなばたさまに、「どうか、うちに あかちゃんが やってきますように」って おねがいしました。そしたら、ねがいが かなったのです。

 まなかちゃんのおかあさんが、お腹に赤ちゃんを宿してから産まれるまでのことを、まなかちゃんの言葉で語る写真絵本です。写真を撮ったのも伊藤家のお父さんです。

 子どもたちは自分が産まれるまでのことをしりません。だから、こんなリアルな写真絵本を読んであげると、きっと自分が産まれるまでのことを知りたくなるでしょうね。どうぞ、母子手帳や、赤ちゃんの頃の写真を見ながら、親子で産まれるまでのことを語り合ってください。 





『あなたが生まれるまで』
 ジェニファー・デイビス 作
 ローラ・コーネル 絵
 小学館

  『あなたがうまれるまで』は、ほんとうのお話です。あなたがどうやって、いまのあなたになったかのお話です。9ヶ月のあいだ、ママとあなたはずっといっしょでした。あなたはずっと、ママのおなかに、いたのです。と始まるこのお話は、ママはおなかの赤ちゃんと、どんなふうに過ごしていたかが語られています。

 お母さんのおひざに、お子さんを抱いて、あなた自身はどんなふうに過ごしていたかを、このお話を読みながら語ってあげるといいですね。「あなたのおかげで、私たちはいっそう、幸せな家族になりました」という言葉をしっかり伝えながらね。

 ちょっと楽しい仕掛け絵本です。




『わたしのあかちゃん』
 澤田たまみ 文
 津田真帆 絵
 福音館書店 

この絵本は、お医者さん、助産師さん、生まれたての赤んぼうの思いもよらぬたくましさに励まされながら、母乳がでるのを待ち、とうとう出るまでの濃密な4日間のお話しです。もちろん、母乳だろうとミルクだろうと、お母さんが子どもにかける愛情は、等しく深いものに違いありません。この絵本を通し、「あなたが生まれてきたとき、お母さんはこう思ったのよ」という会話が、たくさんのご家庭で交わされたなら、なによりのしあわせです。(澤田たまみさんの言葉)




『おやすみのキッス』
 カレン・カッツ 作
 石津ちひろ 訳
 講談社

 かわいいあかちゃんがそろそろ眠くなったようです。グズグズと泣き出しました。「あらあらねむくなったようね」と、ママがあんよのちっちゃな指に、10回そーっとキスしました。バタバタ動く足にも9回キッス。するとパパもぽっちゃりしたおひざに8回キッス。そしておばあちゃんもおねえちたゃんもワンワンもニャーニャーも、みんながキッス。最後の1回のキスをママがすると、あかちゃんはすやすや、もう夢の中です。

 ほうら みて みんなに キッスを されたから しあわせそうに ねむってる。




『ママ だいすき』
 まどみちお 文
 ましませつこ 絵
 こぐま社

 ぶたさんのおかあさんが、とっても幸せそうにあかちゃんぶたにおっぱいをのませてる。おかあさんねこのしっぽにじゃれたり、ぺろぺろしてもらったりしている子ねこたち。おかあさんに「いないいないばあ」してもらっているかばの赤ちゃん。お母さんにぎっと抱っこしてもらっているおさるさん。
 「ママ、大好き!」って言いたくなるような、幸せそうな動物の母子の姿がいっぱいです。




『あなたの小さかったとき』
 越智登代子 文
 藤枝つう 絵
 福音館

 お母さんが、「あなたの小さかったときはね……」と話し始ると、お子さんは目をランランと輝かせて聞き入ったそうですが、不思議なことにお母さん自身も、話しながらやさしくなれたそうです。




『とんとんとんのこもりうた』
 いもとようこ 作
 講談社

 幻のくろうさぎの子育てがはじめて絵本になりました。こげちゃいろでみみもみじかいくろうさぎの赤ちゃんが、月が出る頃にもりのおくのあなぐらでうまれました。赤ちゃんうさぎはおっぱいをおなかいっぱいのんですやすや眠りました。お母さんうさぎはそーっとほっぺにキスをすると、はつぱのおふとんをかけて、穴の入り口をふさいでもりにかえっていきました。赤ちゃんうさぎはどうなるのかな。
絵本目次へ  HOME