←HOME

すねる・ダダこねの絵本 
                         絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

『ごきげんなすてご』
  いとうひろし さく
  徳間書店

 三ヵ月まえ、弟がやってきた。弟の顔はおさるだった。でもお母さんは弟ばかりかわいがる。それならいいよ、あたしはすてごになって、すてきなおうちにもらわれるから…。 あたしはりっぱな捨て子です。あたしを拾うとオトクです。子どものいないお金持ち、あたしをもらって下さいな!

 お姉ちゃんお兄ちゃんになるときって、子どもにとって大変なことなんですね。我が家の次女が生まれたときの写真を見ると、長女の顔の変化がすごくて、びっくりしました。生まれる前はぷくぷくして赤ちゃん顔だったのが、生まれてからの顔はちょっと寂しい影がある、大人っぽい顔になっていたのでした。私は申し訳ないようななんともいえない気持ちになります。私は上手に長女の気持ちに寄り添えていたかな。




『さかさのこもりくん』
  あきやまただし 作
  教育歌劇

 こうもりのこもりくんは ずっとさかさになってくらしていたから、はなすこともぜんぶ さかさまです。「ああ、おなかがいっぱい…」これはもちろん「おなかへった?」です。こもりくんのすんでいるのは ひるでもくらいどうくつです。ひまでひまでしかたなないので あそびあいてをさがしました。そこへねずみくんがやってきて「あ、ねずみくん。ぼくとぜったいにあそばないでね」「うんわかった。じゃ?ね?」とねずみくんはいってしまいました。こもりくんはがっかり。こんどはくまくんです。「わ?きみとはあそばなないよ!」「え?っどうして?」「だってきょうはひどいてんきだよ」くまくんがそらをみあげると そらはまっさお。くまくんはしばらくかんがえてひらめきました。「あっもしかしてきみ、はんたいのこといってるね」「ぼくとあそばないでね」「うん、いっしょにあそぼう」こうしてふたりは たくさんあそびましたが だんだんくらくなってきました。「じゃあ もうあそばないから…」でもこもりくんはちゃんとおわかれがいいたくなりました…

 あまのじゃく攻撃をしてくる息子にとんと手を焼いています。それでこの絵本にひかれたのでしょうね。この絵本を読んだ次女は、「おもしろかったよ。ねずみくんはわかってくれなかったけど、くまくんはわかってくれたんだよね。くまくんとあそべてよかったね。」そうだね、あまのじゃくに付き合ってもらって、たくさんあまのじゃくして、そうしたらちゃんと気持ちを伝えたくなったんだね。きっと明日もあまのじゃくだと思うけど…子ども達は、‘反対の言葉’を楽しんでいました。





『けんかのきもち』
  柴田愛子 文
  伊藤秀男 絵
  ポプラ社

 いちばんのともだちの こうたとけんかした。ないた。くやしかった。おかあさんにくっついて もっとないた。ないても ないても なきたいきもちが なくならない。あいこせんせいがきた。「おやついっしょにたべよう」 へんじなんかしてやんない。「おかあさんもどうぞ」おかあさんだって いかないにきまってる。 ぜったいいかないとおもっていたのに おかあさん ひとりでいっちゃった。 げんかんあけたら みんながみえた。「いっしょにたべよう」 こうたの でっかいこえがした。「ごめんな!」なんであやまるんだよ! けんかのきもちがおわってない!…

 息子のいじけ虫に付き合っていると、自分もいじけ虫だったのにどう付き合えばいいのかわかりませんでした。どうすれば楽しい気持ちに戻るのか、どうすればこちらに帰ってきてくれるのか…。いっぱい泣いて、いじける気持ちがなくなったら、帰ればいいんだね。お母さんは待っていればいいんだね。そして私のいじけ虫も、そっちに帰っていいんだね。




『かわいくなんかないっ!』
  ジョナサン・アレン 作
  せなあいこ 訳
  評論社

 フクロウのフクちゃんは森の平和をまもるため、きりりとしてきょうもパトロールしています。けれどウサギのおねえちゃんがやってきて、「わあ、フクちゃん、かわいい、だっこしちゃおう!」とフクちゃんをぎゅうっと抱っこ。
「おれ、かわいくなんか ない!」
とさけぶフクちゃん。

 そこへ、ママがやってきたので、フクちゃんはママに言いつけました。ママは、「そうね。あなたは、ちっともかわいくなんかないわ。大きくて、こわいもの知らずで、するどい目つきのハンターだものねぇ」と言って、フクちゃんをぎゅう!
 するとフクちゃんは…
「わーん! おれ かわいいよ! かわいいって いって! かわいいんだい!」
とさけばずにはおれませんでした。

 「もう小さい赤ちゃんじゃないやい!」という気持ちと、「でもまだママに甘えたい」という気持ちの間で揺れ動く子どもの心。親子リズムで読み聞かせたら、小さいおねえさん・おにいさんたちが真剣な眼差しで聞いていたのが印象的でした。




おにいちゃんには はちみつケーキ』
 ジル・ローベル 文
 なかがわ ちひろ 訳
 主婦の友社

 赤ちゃんが生まれて、コンタはおにいちゃんになりました。ママは赤ちゃんのことばかりで、なかなかコンタのほうを振り向いてくれません。せっかくうまく積めたと思った積み木も、ママはちゃんと見ないで生返事。コンタは積み木をガラガラガラッとこわしました。「ふんぎゃ!ふんぎゃ!」とびっくりして泣く赤ちゃん。コンタは外へ飛び出し、水たまりに入り、泥ハネで洗濯物を汚してしまいました。しかられるコンタ。「ぼくはもうこのうちの子じゃない!」と言って、コンタは物置にかくれて「赤ちゃんのバカ!」と赤ちゃんの悪口を言い、大きな声で悪口の歌を歌います。でもコンタは急にかなしくなり、「きっと、ママはこんなぼくのことをきらいになった」と不安になってしまいました。そのとき、物置のドアがあいて…。

 コンタの「ママ、ぼくのことすき?ずっと ずっと すき?」という問いかけが胸にジーンときます。




おんぶは こりごり』
 アンソニー・ブラウン 作
 平凡社

 ピコットさんのおうちは、絵にかいたようなしあわせそうなおうちです。でも、それは、ママの献身的なお世話のおかげ。パパと2人の息子の「ママー あさごはん まだー」の声に一日が始まり、あとかたづけ、そうじと大忙し、やっと仕事に出かけ、帰ってきたら「ママー ゆうごはん まだー」の声。夕飯の支度をし、食べ終わると、おさらを洗い、せんたくをして、アイロンかけて、翌日の朝食の準備です。ある日、ママはパパとむすこたちの世話にうんざりし、
「ぶたさんたちの おせわは もうこりごり!」
とかきおきを残して出ていってしまいました。すると3人はぶたの姿になって……。

 「母の日だからおてつだい」「ママの誕生日だからおてつだい」もいいけれど……、そもそもなんで私だけが家事を?と疑問を持っている方は、この本を食卓の上に何気なくおいておくのもいいかもね。…そして家出する? 今の我が家と似ていて、笑えない絵本です。(^_^;)




だめだめ、デイジー』
 ケス・グレイ 文
 ニック・シャラット 絵
 よしがみきょうた 訳
 小峰書店 世界の絵本コレクション  

 「だめだめ、デイジー、はなを ほじくっちゃ」ママがいいました。「だって、ママだって」デイジーがいいました。「あれは、ほじったんじゃないもの。かいただけよ」とママ。
 「すきなのだけ とって、たべるんじゃありません」ママがいいました。「だって、ママだって」「いつ?」「いつもじゃない」「おいしいのだけ、たべたいからよ」ママがいいました。

 子供達はいつだってママのことを見ていますね。それにママの言い訳って子どもには理不尽に聞こえているのでしょう。くり返されるやり取りが、まるで我が家のことのよう。「だってだって」という子どもとのやり取りで煮詰まった時に、一息入れられそうな絵本です。




あまつぶいっぴきくものうえ』
 いぐちゆうた 文
 すぎやまゆき 絵
 学習研究社

 そらからふってきた いってきのあまつぶからできた かえるの ケロケ郎。ケロケ郎はいつもくものうえ。みーんなのことが よーくみえるからね。だからケロケ郎は なんでもしっている。みずのように すみきったこころで せかいをやさしく みつめているんだ。

 表面に見えているイメージでは、本当のその人のことは分からないんだね。そして、大嫌いな気持ちをぶつけてしまった相手に、本当はどんなにか大好きな気持ちを持っているかだって・・。私の心にも・・それから苦しい気持ちを抱えた誰かの心にもケロケ朗が降ってきますように・・。水彩画タッチのにじみのある絵と、ほわーっとしたケロケ朗の姿が、心の近くにやってきます。




ほんとうはちがうよ』
 かさいまり 作・絵
 岩崎書店


 すきなのに きらい。ほしいのに いらない。こころと ことばが はんたいに・・。それでも ひとりは さびしいから なにかの きっかけを みつけたら だれでもすなおに なりたいさ。

 小さい頃から拗ね者だった私は、おとなになった今でも、本当の気持ちと違う気持ちが口から出てしまう時がある。だから主人公のマットが、じぶんと重なるの。私も、すなおになりたいなあ。




いやだいやだのスピンキー』
 ウィリアム 作
 おがわえつこ 訳
 セーラー出版


 すねまくりのすごい絵本です。私は読んでいて心に揺さぶりをかけられてしまいました
「わかってほしい…」
と思うのに、
「だれひとりわかってくれない!」
そうやってずっと怒っていたんですね。
 私にすねられて困ってる人へ…
「気持ちを分かってくれたらそれだけでいいよ」(笑)




ぼくにげちゃうよ』
 マーガレット・W・ブラウン 文
 クレメント・ハード 絵
 いわたみみ 訳
 ほるぷ出版


 子うさぎは、どこかへ行ってしまいたくなって、「ぼく逃げちゃうよ」と母さんうさぎに言います。母さんうさぎは、「おまえが逃げたら、母さんは追いかけますよ。だって、おまえはとってもかわいい、私の坊やだもの」と答えます。
「お母さんが追いかけてきたら、ぼくは魚になっちゃうよ」
「おまえが魚になったら、母さんは漁師になって……」
といった問答を繰り返していった末に子うさぎは、「ふうん。だったら、うちにいて、母さんの子どもでいるのとおんなじだね」と納得して逃げ出すのをやめます。

 子うさぎがなぜ出て行きたくなったのかは、はっきり書かれていません。ただ、「あるところに、こうさぎがいました。あるひ、このこうさぎはいえをでて、どこかへいってみたくなりました。」とあるだけです。でも、これを、すねた子うさぎが追いかけてもらうことでダダをこねたかったんだ、と想定すると、物語全体がとてもリアルな感じを帯びてきます。

 「逃げちゃうよ」「大好きだから逃がさないよ」というやりとりを、言葉の問答だけでなく、実際の行動で貫いたら、子どもはもう、うれしくてうれしくて、たまらなくなることでしょう。

 ある母子に相談のなかでこの絵本を読み聞かせたら、小学1年の坊やがすっかり気に入ってしまい、絵本のなかのせりふをもじったやりとりを帰り道にお母さんと楽しんだそうです。




ぼく おかあさんのこと…』
 酒井駒子 さく
 文溪堂

 「ぼく、おかあさんのこと…キライ!」と、すねて言ううさぎの坊や。おかあさんは、ねぼすけだし、マンガみせてくれないし、すぐおこるし、はやくはやくって言うくせに、自分はゆっくりしてる。それからそれから…まだまだいっぱいキライ。そんなおかあさんとは「さようなら」と坊やは出ていくけど…。
 本当はおかあさんが大好きなのに、ついつい反対の気持ちを言ってしまう子どもの心。でも、勇気を出しておかあさんの胸に飛び込んできた時は、しっかり抱きしめてほしいね。




あーんあん』
 せなけいこ さく・え
 福音館書店
  
  ほいくえんに いくのは いいけれど
  かあさんが かえっちゃ いやだよー
で始まる、とってもおおらかで、ほほえましい涙の賛歌。保育園に行っている3歳くらいまでの子ども向き? 
 
絵本目次へ  HOME