←HOME

そのままでいい・ありのままでいい絵本 
                   絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

                              
『はやくはやくっていわないで』
 益田ミリ 作
 平澤一平 絵
 ミシマ社

 ひとつ ひとつ じゅんばん ちがう
 ぐずぐずしてる
 きゅうけいしてる
 じーっとしてる
 ・・・
 どきどきすると ひんやりする
 どきどきすると ちいさくなる
 まっくらで かなしい きもち
 ・・・
 わからないこと いっぱいある
 いえないきもち いっぱいある
 ひっぱらないで
 おさないで
 ・・・
 まってて くれる?
 まってるよ
 みんな いっしょ

 私たち母親は子どもに、「はやく!」「はやく!」って1日に何回いうことでしょう。ゆっくり待っててあげたいと思うけど、「はやく!」って言わないではいられないほど、お母さんは一人で頑張らなくてはならないですものね。

 この絵本は子どもの気持ちを思い出させてくれます。ゆっくり目だった私も、幼い頃の気持ちも思い出しました。自分で自分に「はやく!はやく!」と追い詰めていたのも感じ、「ゆっくりでいいよ!」と言ってあげました。




『っぽい』
 ピーター・レイノルズ ぶん・え
 なかがわちひろ やく
                                    
 ラモンは えをかくのが だいすき。
 いつでも なんでも どこででも えをかく。
 ところがあるひ、ラモンがかびんのえをかいていると、
 おにいちゃんが うしろから のぞきこんできた。
 「なんだこりゃ!?ぜんぜん にてないじゃん!」
 おにいちゃんは、げらげらおおわらい。
 ラモンは なにも いえなくなって、えをくしゃくしゃに まるめて なげすてた。

 息子は美術展に出す絵を「うまくかけない」と言って泣き出しました。今まで上手ではないけど一生懸命描いていた絵。それで満足していたのに、どうして今年は泣き出すんだろう。どうやら学校の先生が言った言葉に、“上手に描かなくては”と思い込んだようです。そんな時に出会った本で、買ってテーブルの上に置いておきました。何も言わなかったけど、伝わったかしら。
 私も読んで、妹のマリソルが言った、
 「ちゃんと かびんっぽい えだよ。かびんの きもちが するもん」
にぐっときて涙が出てきてしまいました。私の“○○しなくては〜”にも響いたようです。





                             
『あしたのぼくは…』
 みやにしたつや 作・絵
 ポプラ社

 ぼくは ハンバーグは だいすきだけど、
 ピーマンと ニンジンは きらい。
 でも あしたの ぼくは…

 ピーマン むしゃむしゃ。ニンジン ぱくぱく。
 おいしい おいしい!

 ピーマンもニンジンも嫌いだし、サッカーもへた、シャンプーが目にはいると泣くし、歯磨き粉はからい…。そんなぼくだけど、あしたのぼくはきょうのぼくと絶対ちがう!明日こそは…、なのでしょうね。私も「明日こそは…」とよく思いますが…。さて、この男の子は甘えん坊なのですが、あしたのぼくはどうしているでしょう。 この男の子、いじらしくてかわいいです。




『みずいろのこびん』
  わだことみ 作
  大井淳子 絵
  岩崎書店  

 ぼくの心のなかには
 みずいろのこびんがあるんだ。
 だれにもいえない、だれもしらない、みずいろのこびん。
 ぼくはそのなかに、ぼくのきもちをいれる。

 こんな書き出しで始まるこの絵本。‘みずいろ’のきれいなこびんには、本当はいやなのに「いや」といえない気持ちや、「おかあさんはやくかえってきて」という寂しい気持ちを入れていき、ようちゃんはいい子を演じます。自分の気持ちを隠していく悲しい気持や、自分の気持ちをわかってくれないことに苦しんでいる、ようちゃんの気持ちが、自分と重なって、苦しい気持ちにも出会いました。

 この本の作者は摂食障害になった方です。自分の気持ちを抑えてしまうことで、悲しい思いで毎日を過ごしている子供も大人もいると思います。その人たちもようちゃんのように、こびんのふたをポーンポーンと開けられたらいいなぁと思いました。




『てん』
  ピーター レイノルズ 作
  谷川 俊太郎 訳
  あすなろ書房


おえかきの じかんが おわった。でも ワシテは いすに はりついている。かみは まっしろ。
そんなワシテにせんせいはにっこりして、
「なにか しるしを つけてみて」と言う。ワシテは マーカーを つかむと かみに ちからいっぱい おしつけた・・・。
 
絵を描くのが苦手な少女ワシテ、「どうせ私には描けない」ちよっとスネたみたいになっていたけれど、先生に言われて「てん」を描いて、それが「ワシテの てん!」に。こんなふうに子どもの力を引き出せたらいいなぁ。大人だってこんなふうにそのままの自分でいることを許せたら、思わぬ才能が目覚めるかも。

子どもの頃を振り返ってみると、私は絵の先生に恵まれていたと思う。些細なことを褒めちぎってくれたり、夢中になって描いた世界を評価してくれたり。絵を描くことは楽しいことだと私は心と体でちゃんと教わった。私はその教えをワシテのように伝えられてるかなぁ。




『エドワルド せかいで いちばん
  おぞましい おとこのこ』
 ジョン・バーニンガム 作
 千葉茂樹 訳
 ぽるぷ出版

 エドワルドは どこにでもいる ふつうの おとこのこ。だけどときどき、ものをけっとばしたり、やかましくしたり、いじわるしたり してしまうんです・・。お話の前半では、そんなエドワルドの行動を、大人たちが怒っている場面。でも後半では、なんと逆にそれがとても役に立つ行動だと認められていきます。

 いつでも子供の味方、ジョン・バーニンガムさんの、みんなが幸せになる仕組みが垣間見られる絵本です。そうそう、息子が来てこの絵本の表紙のエドワルドの姿を見て、「ねえ、お母さん、この本貸してね」と言って持っていきました。親近感が湧いたからかな・・。




『ONE and ONE』
 草柳麻子 文
 土屋あゆみ 絵
 ジー・シー・プレス発行

 「誕生日を重ねていくのは、年齢だけ?」「ううん、もっと大事な何かを、毎年ひとつ積み重ねているんだよ!」…心がふわっとやさしく温かくなる、手のひらサイズの可愛い絵本です。あなたの一番大好きな人の誕生日のプレゼントにしてみては? あなたのやさしさや、あなたがどれほどその人を大切に思っているのかが、きっと伝わります。

 私の○○回目の誕生日に、夫から贈られた絵本です。ビジネスレターを書くのは得意でも、自分の気持ちを書くとなると…ウーンとうなったまま固まってしまう人…。そんな夫から届いたこの本は、私の心に届きました。「いろんな誕生日用の本が店頭に並んでいたけど、今の自分の気持ちにぴったりだったのは、コレだった!」って、ひと言。感動…!





『ばたん!』
 ハインツ・ヤーニッシュ 文
 ヘルガ・バンシュ 絵
 いとうみゆき 訳
 ひくまの出版

 「ぼくも パパやママみたいに そらをとびたいなぁ」と巣から身をのりだしたジークムントは地面に落ちてしまいました。そして、頭の中で「ばたん!」という音がして、他のとりたちのようにさえずったり、うたったりすることが、できなくなってしまったのです。パパとママは 心配でたまりません。それでもやがてジークムントは すこしずつ 飛べるようになりましたが、やっぱりさえずることはできません。「ばたん!」と悲しそうな声がでるばかりです。でも、ある日あらわれた年とった白いうさぎがとの出会いをきっかけに、何かが動き出します。さあ、ジークムントは?そして、お話の終わりにジークムントの言った「ばたん!」は、飛び立てる喜びに溢れていたのです。

 何かが欠けていることや、みんなと違うことで自信を無くしてしまうことがある。でもそのことがあっても飛び立てる力が、きっとどの命にも組み込まれているのかもしれないね。吃音への不安の中で出会ったこの本は、私にとってとてもタイムリーに響きました。息子は「ばたん!」と言いながらも飛ぶことができる、きっと大丈夫って・・。

 パステルががったセピア色の色調が心をくすぐります。




『カえるくんのたからもの』
 田中章義 作
 とりごえまり 絵
 東京新聞出版局

 落し物の携帯電話を届けに、小さな旅にでた“カえるくん”。「ぼくは小さなアマガエル・・ぼくには、何もない」と思っていましたが、旅での出会いの中で、自分の中の“たからもの”に気付いていきます。さて、その“たからもの”とは・・・。
 子ども達・・、もちろん大人だって、たくさんのたからものをもって生きている。そしてそのたからものに気付かせてくれるきっかけは、すぐ目の前にあるのかもしれないね。




『はっぴぃさん』
 荒井良二 作
 偕成社

 あわてんぼうの女の子と、のろのろの男の子のお話です。
 2人はある日、困ったことや、願い事を聞いてくれるという“はっぴいさん”に会いにいきます。はっぴぃさんは山の上の大きな石の上にときどき来るのだそうです。
 あわてんぼうの女のこは「どうしたら、あわてなくなるのか」
のろのろの男のこは「どうしたら、のろのろじゃなくなるのか」
と聞きたかったのです…。そんな2人が山へ行くようすは、とってもかわいくて、けなげですが、自分を変えたい2人は必死ですね。

 おおきな石を見つけた2人は、はっぴぃさんを探します。はっぴぃさんはなかなか見つかりません。2人は近くにいました。いつしかお互いの願い事を聞きあいます。
 女のこは男のこにいいました。「きっと のろのろは なんでも ていねいだからだとおもうわ」
男のこは女のこにいいました。「あわてるのは なんでも いっしょうけんめいだからだと おもうよ」
 2人はたちまち笑顔になります。

 そのままでいいよ。ありのままでいいよ。と伝わってきて、こっちまで幸せな気持ちになります。
「はっぴぃさん、はっぴぃさん、どうか、どうか、ぼくらの願いをきいてください」と、最後まで無心に願う2人に、いつしか自分を重ねます…。私は思わず「はっぴぃさん、はっぴぃさん、どうか、この絵本がみんなに幸せを運んでくれますように…その幸せがどこまでも広がっていきますように…はっぴぃさん!」と願い事をしてしまいました。

 みなさんは『はっぴぃさん』に何を願いたいですか?




『ぼくの世界』
 なおき 作
 れいこ 絵
 株式会社エスコアール
自閉というぼくの世界

「ぼくは すこしみんなとは ちがいます。
 そのことに さいしょに 気づいたのは ぼくが 3歳のころでした」

 自閉傾向と診断された「なおき」が、小学3年生の時に書き上げた作文を、絵本にしました。「なおき」は、現在養護学校小学部6年生です。「なおき」が自閉という障害で、どんなに困っているか、どんな思いでいるしか等ひしひしと伝わってくる絵本です。
 「自閉」児に関わるすべての方々や保護者の方々にお勧めします。「自閉」という障害を持つ友だちのいる小・中学生にもお勧めします。




『かみさまからのおくりもの』
 ひぐち みちこ 作
 こぐま社

 あかちゃんがうまれるとき かみさまは ひとりひとりのあかちゃんに おくりものを くださいます。
 ほっぺのあかいあかちゃんには「よくわらう」を
 おおきいあかちゃんには「ちからもち」を
 ないているあかちゃんには「うたがいき」を
 よくうごくあかちゃんには「よくたべる」を
 すやすやねているあかちゃんには「やさしい」を
 おくってくださいました。
 いろんな赤ちゃんがいて、それぞれに素敵な個性を神様に贈られて、そしてみんな素敵に子どもに成長していく。どんな子どもの個性も素敵に花開くように、大切に見守っていきたいですね。
 
絵本目次へ  HOME