←HOME

一体感・安心・ぬくもり・楽しい・力強さの絵本 
           絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

『わたしはひろがる』
 岸武雄 作
 長谷川知子 絵
 子どもの未来社

 わたしは ちいさいとき、
 おやつのおかしが、
 弟 よりおおきくないと おこった。
 ときには、
 ひっくりかえり、
 足をばたばたさせて、
 わめいたこともある。
 わたしが 世界のすべてであった。
 わたしが 世界のすべてであった。

 そんなわたしは、弟も大きいおかしをほしがっていることがわかり、わけて食べるとなんとなくたのしくて、わたしの中へ、弟が入ってきた。お母さんがいそがしそうでも平気でいたけど、お母さんがつらそうだったので、てつだおうかといったらよろこばれて、いっしょに仕事をしたら楽しくなって、わたしの中へ、お母さんが入ってきた。・・・そんなふうに、わたしにはいろんな人が入ってきて、わたしはひろがっていった・・・。

 「入ってきた」という表現が、人間として広がっていくイメージができ、こんなふうに自分の中に人が存在し、人とつながって、わたしが、世界が、広がっていくんだと、この絵本は改めて感じ直しさせてくれました。




『ルリュールおじさん』
  いせひでこ 作
  理論社

 あ、わたしの図鑑が……
 こわれた本はどこにもっていけばいいの?
 本やさんには新しい植物図鑑がいっぱいあった。
 でもこの本をなおしたいの。

 女の子が植物図鑑をこわれるほど見て、その本を製本のおじさんに心をこめて直してもらって、それからまた大事に使って・・そんなお話し。自分が大事にしているものを大事にしてもらえるのは、自分そのものを大事にしてもらえる気がします。いせひでこさんの絵が、大事な心をそっと届けてくれます。




『おつきさまはきっと』
  ケイト・バンクス 文
  ゲオルク・ハレンスレーベン 絵
  さくま ゆみこ 訳
  講談社

 ひが くれて、そとは もう くらく なりました。
 まどから、おつきさまが かおを のぞかせて います。
 いまごろ おつきさまは きっと……

 よるが おとずれた はやしを みて いますよ。
 とかげが いっぴき、ばんごはんを たべに おうちに かえって いく ところです。

 寝る時間になってベットに入ろうとしている女の子、その同じ時間にはお月さまは何をしているのでしょう。月はいろんな場所の、夜の世界をやさしく見守っています。そのやさしく見守っている様子がゆったりとしていて、すーっと眠りに入っていけそうです。

 私はお月さまを見るのが大好きです。よく月光浴をしながらボーっとしています。お月さまの光を全身に浴び、明日もがんばるぞーって。お月さまはやさしく見てくれていました。




『ママのキスは、ね』
  ジャネット・ロウラー 文
  アリソン ジェイ 絵
  成沢 栄里子 訳
  BL出版

 もしもキスのひとつひとつが…
 もしもキスが色だったら、虹はたくさんの色の束になるでしょう。
 お日さまに照らされて、ひと色ひと色がくっきりとよく見えるの。

 ママのキスが虹だったら、小石だったら、雨粒だったら… 。ママの気持ちがたっぷりこもった、にこにこな絵本です。絵も暖かくて、ほんわかしてきます。





『いいからいいから』
  長谷川義史 作
  絵本館

あるひの ゆうがた。 かみなりが ゴロゴロ なった。 ぴかっと ひかって、 ドーンと いった。 きがつくと、 めのまえに かみなりの おやこが すわってた。

おじいちゃんが いった。「いいから、いいから。 せっかく きて くださったんじゃ。ゆっくりして ください」 ぼくも いった。「ごゆっくり、ごゆっくり」

「図書室の先生に読んでもらいました。おもしろかったのでかりてきました。ぼくがすきなところはおふろに入ったかみなりにおじいちゃんが自分のパンツをかしてあげるところです。最後におじいちゃんがかえるになってしまうところもおもしろいです。それから、絵もすきです」

息子はこの本がお気に入りで、何回か借りてきました。おじいちゃんが醸し出す雰囲気がとてもユーモラスで、どんなことになっても「いいからいいから」と言われると、まぁいいか、という気分になります。シリーズで、2・3・4とあり、これもまたおもしろいです。




『あなたがとってもかわいい』
  みやにしたつや 作・絵
  金の星社

 あかちゃんのかお いつでも どんなときも かわいいね
 ニコニコ・・・わらっている かおも
 クーーー! おこった かおも
 ハックション! くしゃみをしたときの かおも……

 ……いまは こんなに おおきくなった
 でもね まえと ちっとも かわってないんだよ
 あなたが とっても かわいい ……


 読みながら、子ども達が赤ちゃんの頃を思い出し、‘そう、そう!’と言っていました。赤ちゃんの顔はどんな顔もかわいくて、見ていて飽きないですね。長女の時はいろんな表情の写真をたくさん撮りました。今、我が家の末っ子は小学3年となり、ほんの少し大人になったのか、前のように甘えてこなくなりました。さみしい気持ちもありますが、寝顔を見ながら、‘いつまでもお母さんはAっくんのお母さんだからね。Aっくんがかわいい気持ちは変わらないよ!’





『ぼくびょうきじゃないよ』
  角野栄子 さく
  垂石真子 え
  福音館書店

 ゆうごはんのあと、ケンはごほんとせきをしました。あしたしんせきのおにいちゃんとつりにいくやくそくをしているので、せきはでていけないのです。でも「ごほん、ごほん」「あらっ」おかあさんがふりむきました。「おやっ、ねつがあるわ」「まあたいへん、ひゅーひゅーおとがしてる」「ぼくびょうきじゃないよ」とケンはあわてていいました。でもおかあさんは「さ、うがいして、すぐねたほうがいいわ。みずまくらしてしずかにねてるのよ」「あしたつりにいける?」「さあ…ねえ」おかあさんはむずかしいかおをしました。ケンはベッドのなかでプープーおこっていました。「ぼくびょうきじゃないのに」するとドアのほうでとんとんとおとがしました。そこにはしろいおいしゃさんのふくをきた、おおきなくまがたっていました…。

 楽しみにしているお出かけの前の日に熱が出てしまうと、子どもはもちろん大人もがっかりしてしまいますね。お母さんはお母さんなので「うがいして、みずまくらして、静かに寝てなさい」と言います。明日釣りに行きたいケンは「ぼくびょうきじゃないのに」と怒ります。そこにくまのお医者さまがやってくるのですが、そのなおし方がユニークで、あったかいのです。最後の、‘くましきねんね’の気持ちよさそうなこと!心までホカホカしてきそうです。釣りに行けるか心配だったケンも、ぐっすり眠れたようです。




『きのうのおひさま、どこにいったの?』
  薫くみこ 作
  いもとようこ 絵
  ポプラ社

 くまくんは おひさまが だいすきでした。「だって、ぽかぽか あったかいし、かげふみできるし、ぎょうずいもできる。しゃぼんだまだって、おひさまの いる ひは いろんな いろに ひかるんだよ」
 けれど、きょうも おひさまは にしの おやまに すとんと おちていきました。
 「そうだ! ぼくの おひさま ひろってこよう。おひさま いっこ ひろってこよう」

 くまくんは、おひさまが、きのうもおとといもお山の向こうにいってしまったので、お山の向こうはおひさまだらけだから、一つもらってこようと考えたんですね。そのページには、山のようなおひさまが描かれていて、いもとようこさんの絵がまたとってもかわいくて、みているだけであったかくなります。でもくまくんは、おひさまがきょうも山の向こうにいってしまって、さみしくなったのでした。でも、おひさまみたいにあったかいものがあったよ。




『ことりはことりは木でねんね』
  チョン・スニ 作
  松谷みよ子 訳
  童心社

《松谷みよ子さんの言葉》
 日本のおかあさんは、いま、こもりうたをうたっているのでしょうか。もう何十年も昔のことですが、私が赤ちゃんを抱いて、こもりうたをうたっていたら、「おや、こもりうたもうたっているよ」と近所の人が出て来ました。私のほうがびっくりしました。
 ねんねこや ねんねこや 山の木のかず 草のかず
 天にのぼって 星のかず 田んぼにくだって 稲のかず
 稲のかずより なおかわいい この子のねんねが なおかわいい
そのときうたった、こもりうたです。

 『ことりは ことりは 木でねんね』に出会ったとき、日本と韓国の、かわらない母親のおもいが、ひたひたと胸をみたしました。そういえば私も、自著のことで恐縮ですが、『もうねんね』(童心社)という、あかちゃんの本を出しております。いまも、たくさんのあかちゃんの、ねんねの本になっています。

 こもりうたをうたって、かたりかけて、いのちをそだてたいと思うのです。そのねがいが、このやさしい韓国の絵本といっしょに、あなたの胸にとどきますように。

 こもりうたの譜がついていないので、どんなメロディなのかわかりませんが、おかあさんの気持ちでやさしくうたってもいいし、語りかけるように読んであげてもいいですね。絵がとてもやさしくてステキです。





わたしから あなたへ』
 アデル・ジェラス 作
 クリフ・ライト 絵
 なおのようこ 訳
 草炎社・世界の絵本

  あなたへの おくりもの……。 あさの ひかり…、おはようの キス…、くらやみに つきあかり。そして よぞらに きらり ほら あなたの おほしさま。

 絵本の中の「わたし」が、読んでいる「あなた」に語りかけます。やわらかな色調の絵と優しく力強い言葉から、包み込まれるような安心と温かいものが胸に広がります。誰もが守られて愛されて生きていること、ひとりじゃない…きっと大きな存在といつも一緒なのだから…。




あな』
 谷川俊太郎 作
 和田誠 画
 福音館書店

 何もすることがない日曜日、ひろしは‘あな’を掘り始めます。お母さん、妹、友達、お父さんが来ますが、ひろしは自分の‘あな’を掘り続けます。そして掘り終わった‘あな’に入り、「これはぼくのあなだ」と言います。

 「これはぼくのあなだ」の言葉に、たくさんの思いがあると思いました。掘っている間に訪ねてくるお父さんが、ひろしのしていることを理解している感じがまた意味深いです。人は‘あな’にどんな意味を感じるでしょう。‘あな’から見た空、上からのぞいた‘あな’、私は‘あな’から見る空がどんな空か見たいと思いました。




おかあさんになるって どんなこと』
 内田麟太郎 作
 中村悦子 絵
 PHP研究所発行

 野原で一緒に遊びだしたうさぎのミミちゃんとターくん。ミミちゃんが「わたし、きょうはこのこのおかあさんになるの」とお人形のモコちゃんを抱いて言います。ターくんは「おかあさんになるって…どんなこと」と聞きました。ミミちゃんは、「モコちゃーん。こっちおいでー」と呼ぶこととか、「しんぱいすることよ」と教えてくれました。そして、モコちゃんがお熱を出したことをいっぱい心配して見せました。

「お母さんになるってことは…」
「しんぱいして おもわずぎゅっと だきしめて おもわず なみだが でることよ」
ってミミちゃんは言いました。ターくんは「そうみたいだね」ってうなずきました。その時、ふたりのおかあさんがふたりを呼びました。ふたりはおかあさんのところへかけていき、お母さんに抱っこされました。ぎゅっとね。

 改めて、お母さんになるってことは、こういうシンプルなことでいいんだなって思えるステキな絵本です。中村悦子さんの絵も、やさしくてステキですよ。





やくそく』
 成田雅子 作・絵
 講談社

 あたらしいしごとについてから、ゆうじさんはとてもいそがしくなりました。それからまもなく、ピアノも、テーブルも、いえさえも、どこかにいってしまったのです。ねこのよもは、「ぼくもなくなっちゃうのかな。」とむねがぎゅうっとなりました。でも、ゆうじさんは、よもとの『やくそく』を思い出して・・・。

 場所や物は、そこにいる人があってこそ存在し、『やくそく』は、大切な人を思い出す為にあるのかもしれないね。後半の、ゆうじさんとよもの、しずかなじかんが、私の心にも「しーん」伝わって、むねがぎゅうっとなるのです。




ことりを すきになった山』
 エリック・カール 絵
 アリス・マクレーラン 文
 ゆあさふみえ 訳
 偕成社

 あれはてた野原に、ぽつんと 岩だらけの山が そびえていた。ふりかかるのは、雨や雪だけ。そのつめたさしか、山は しらなかった。ある日のこと、一わのことりが やってきた。 山は、ことりの ちいさなつめに やさしくつかまれるのを かんじ、ことりが うずくまると、はねにおおわれた からだのやわらかさにびっくりした。
 ・・会えないつらさにたえかねて 山の心臓が ばくはつした。かたい岩が くだけ、山のおくそこから なみだが いっきにふきだすと、ひとすじの ながれとなって 山はだを ながれおちた。

 誰かと触れ合うことで、しまわれていた感情の海が溢れ出す。求めるのは、一緒にいたい、ただそれだけ・・。温もりが連れてきた、寂しいという気持ち。その気持ちを大切な誰かに、諦めないで伝え続ける。そして新しい息吹と共に、命は大好きな気持ちで繋がっていく。

 お互いに思いい続けた山やことりに自分を重ね、ちょっと切ないけれどあったかい気持ちになるのです。





ぼくとママのたからもの』
 斎藤栄美 作
 金の星社


 おもちゃ箱がいっぱい……ママはいらないと思うものを捨てようとします。でも、ぼくには、大事な思い出がそれぞれにあるのです。みかんの皮に石ころ、空のキャラメル箱……ぼくの思い出を聞くうち、ママにもいらなくなったけど捨てられないものが。

 ついつい子どもの顔を見ると、片付けなさい、捨てなさいを連発してしまいます。この絵本を読み終わるころ、心の中がほんわかしてきます。




いつまでもいっしょ どこまでもいっしょ』
 永渕浩子 文
 田島征三・木村裕一ほか 絵
 木村裕一 構成
 金の星社

 いつまでも、どこまでも、ずーっと きみを みまもっているよ。
 「きみ」をずーっと見守っていたのは?
 いつも見守っているよ、どんなに悲しいときでもひとりじゃないよ、ととても大きな存在に包まれるような、そんな気持ちになる絵本です。私も安心をもらえました。




だいじょうぶ だいじょうぶ』
 いとうひろし 作/絵
 講談社

 僕が今よりあかちゃんに近く、おじいちゃんも今より元気だった頃、僕たちは毎日お散歩を楽しみました。お散歩はとても楽しく、僕の世界はどんどん広がっていきました。でも、新しい発見や楽しい出会いが増えれば増えるだけ、困ったことや怖いことにも出会うようになりました。そしてたほけど、その度におじいちゃんが助けてくれて、「だいじょうぶ、」だいじょうぶ」とおまじたいのようにつぶやいてくれます。それは、世の中そんなに悪いことばかりじゃないってことでした。
 そして僕は安心して大きくなりました。そして今度は年老いたおじいちゃんに、何度でもくりかえしてあげます。「だいじょうぶ、だいじょうぶ、だいじょうぶだよ、おじいちゃん」と。




もりいちばんのおともだち』
 ふくざわゆみこ さく
 福音館書店

 「もりでいちばんおおきなくまさんは、ちいさいものがすきでした。もりでいちばんちいさいヤマネくんは、おおきいものがすきでした」とはじまる物語。くまさんとヤマネくんは大の仲良しになって楽しく遊びます。ぬくもりにつつまれてみませんか。




パパはウルトラセブン
  ママだってウルトラセブン』

 みやにしたつや 作・絵
 学研

 毎日毎日の生活の中では、パパやママもいろいろな姿を見せてくれる。でも、どんなパパもママもやっぱりすごい! パパはウルトラマンセブンだし、ママだってウルトラマンセブンだね。やっぱり!
 森さんが一番好きなのはやっぱりこの部分かなあ。
 「わたしがなみだがとまらないくらいすごくかなしいとき」 パパは笑顔で「だいじょうぶ。だいじょうぶ」 ママはなにもいわずにいつまでもいつまでもぎゅっと抱きしめてくれる。だからパパはウルトラセブン、ママだってウルトラセブンだね!




アツーク 〜少年がみつけたもの〜』
 ミーシャ・ダムヤン 物語
 ヨゼフ・ウィルコン 絵
 宮内勝典 訳
  ノルドズッド・ジャパン

 昼は野原をいっしょにかけまわり、夜も抱きあって寝たハスキー犬がオオカミにかみ殺された。少年は、ふくしゅうを誓った。
 夏が来て、いくつかの冬がすぎ、少年はオオカミ狩りの旅に出た。ふくしゅうの後のむなしさ、そして、少年がみつけたものは…。
 私は本屋さんで立ち読みしてて、思わず泣きそうになりました…。大事なものを失った悲しみを、誰かを守る強さにしたんですね。そんな少年を私はずっと忘れないと思う。




いまがたのしいもん』
 シャーロット・ゾロトウ 文
 エリック・ブレグァド 絵
 童話屋

 ちいさな女の子が「おおきくならないで」いまのまんまがいいわ、だって、いまのまんまがたのしいもん」と言います。子どもの世界には、楽しいことがいっぱい、スキップしたり、テーブルの下に潜ったり、何もしないでいつまでもじっと座っていろんな音を聞いたり……ets。小さい女の子は「いまがいちばん」のわけをおかあさんに教えてくれます。するとおかあさんは、「おとなだってたのしいもん!」と教えてくれます。
「おかあさんはおおきくなって、あなたのおかあさんになったのよ。おとなっていいでしょ。おなたもきっとおおきくなったら、おかあさんになるの」
 それを聞いた女の子は、とってもうれしくなって、「おおきくなるって、すてき!」と思うのでした。
 「いまがたのしい」と感じることができる子は、おとなになることも期待や希望を抱くことができるでしょう。子どもたちに、「あなたのおかあさんになれてステキ!」「おとなのなるって、ステキ!」ということをいっぱい伝えてあげたいですね。




くまさぶろう』
 もりひさし 作
 ユノセイイチ 絵
 こぐま社

 くまさぶろうは大泥棒。気づかれないようにとてもうまくとってしまうので、とられた人はとられたこともわからないほどの名人でした。ある日おおぜいの人が見ているぞうが気に入って、さっと縮めて小さくし持ち帰りました。よるになると、ぞうはたちまちもとどおり。くまさぶろうはやどなしに。そしてなんねんかたちました。

 くまさぶろうはただの泥棒じゃありません。子どもたちの悲しい心や泣きたい気持ちを盗むことができるのです。子どものなさけない気持ちをさっととったとき、くまさぶろうはむねがちぎれそうになりました。自分がその子の気持ちになるのです。でもその子が元気になってよろこんでいるのを見ると、悲しみがうれしさにかわるのでした。

 お母さんに抱っこされるとき、こんなふうにお母さんは子どもの気持ちを吸いとっているのでしょうね。お母さんはすばらしいどろぼうのめいじん!。




はなさかうさぎのポッポ『あえてよかった』
 はまち ゆりこ 作・絵
 ポプラ社

 ファンファはあるとき木から落ちてあしがわるくなった女の子。いつも、ちいさなたのしいことを見つけてうれしそうにしています。
 でも、おとうとのチャムは「おねえちゃんがけがをしたのはぼくのせいだ。楽しそうにしてるけど、ほんとうはかなしいのにちがいないと」と自分を責めていました。<BR>
 それを見たお友達はふたりのために、こころに色をつける魔法をプレゼントします。きれいないろの、ふわふわのまあるいたまが、まわりにたくさん浮かんでみんなに笑顔がひろがります。きっとどんな悲しみも包み込んでしまえる魔法だったんですね。にじ色みたいにあったかくなる絵本です。




ウィルフきをつけて!』
 ジャンファンリー 作
 金原瑞人 訳 
 小峰書店

 「ウィルフ きをつけて!」おかあさんに ちゅういされても、げんきな ウィルフのみみに そんな ことばは はいりません。そして きょうも ウィルフは、はしったりとんだり、おおいそがし!
 以前図書館で借りた時、息子がとても気に入って、めったに自分で読まないのに、この絵本は何度も広げては、楽しそうに読んでいました。
 私はというと、始めに読み聞かせをした時、泣いてしまいました。イタズラな小さな息子(今もそんなに変わりませんが)を思い出し、追い掛け回していた日々が蘇るからです。あの頃のこと・・・苦しかったけど輝いていた日々だったのかもしれないと、私にとってそんな思い直しをさせてくれる絵本でした。




おばけのいちにち』
 長 新太 作
 偕成社

  私がこの本を子どもに読んだら、ず〜〜っと大ウケでした。絵をみてるだけでも、おもしろいのです。おばけの生活をほんとうに想像しちゃうから…。ウチの子はおばけのパンツを見て、それだけでず〜っと笑っていたんですよ(笑)。子どもの笑いのツボはよく分からないなぁって思います。




ちいちゃな女の子のうた 
      わたしは生きてるさくらんぼ』
 デルモア・シュワルツ 文
 バーバラ・クーニー 絵
 ほるぷ出版

 “わたしは 生きてる さくらんぼ”とちいちゃな女の子がうたいます。
まいあさ わたしは あたらしいものになるのよ
わたしは なりたいとおもったら いつでも
あたらしいなにかに なれるのよ
わたしは リンゴ わたしは プラム わたしは 木 わたしは 猫
わたしは 花になってひらいたりするの
わたしはあかよ わたしは金 わたしはみどりよ わたしは青なの
わたしは いつも わたしでしょう
わたしは いつも あたらしくなるのよ
 子どもたちは、おとなから“あなたは こうよ”と、決めつけられることを拒否します。いつも自由で、柔軟で、輝いていて、なりたいものになれるのよ。それがわたしよ。わたしの色を、わたしを決めつけないでと、ちいちゃな女の子が、力強く、率直に輝かしく、うたっていてとてもすてきです。 




いないよ いないよ』
 ジョン・ブレイター 作
 評論社

 クマのお父さんが「いないよ いないよ」と坊やを捜しています。絵本を見ている子どもたちからは、坊やがすぐそこにいるのが見えるのに、クマのお父さんには、なかなか見つけられません。
 「ちっちゃいおてて、つめたいおはなのぼうやがちっともみえないよ」「ふわふわおみみ、くりくりおめめのぼうやがちっともみえないよ」と言って捜しまわるクマのお父さん。絵本を見ている子どもたちも、一生懸命「ここだよ」「あそこ!」と教えてくれます。
 そしてやっと坊やが「ばぁー」っと顔を出してくれてお父さんはひと安心。そのあとは、お父さんの「キス」と「抱っこ」と「おやつ」が待っています。




けいたのボタン』
 岩崎京子 文
 降矢なな 絵
 にっけん教育出版社

 うまく ボタンが はめられない けいたに、おとうさんが いいました。「いいか、あわてなきゃ できるよ。こうえんにある どかんのトンネルをくぐるみたいに・・」トンネルくぐりは、だいせいこう!つぎは ヘリコプターで、くものすきまを ビューン。そして、火のわを くぐった ボタンは、ちぎれて ころがってしまいました。

 息子が幼稚園の時の、ボタンをはめる練習を思い出しました。なかなか上手に出来なくて何度も癇癪をおこす息子。さらに、こちらがイラダチ凹んでいるうちに逃げられ、追いかけての繰り返し・・。でも、やっと一人ではめられた時、息子もこの絵本の最後のページのけいたくんのような、お兄さんらしい顔をみせてくれたのでした。




あそぼう あそぼう おかあさん』
 浜田桂子 作
 福音館書店

 「きょうは おやすみ にちようび。
  みんな いえに いるんだよ」
で親子の楽しい一日が始まります。「おはよう」から始まって、お休みの一日を楽しく過ごす遊びがいっぱい! 「あかちゃんがうまれます」なんて遊びは、きっと大受けするにまちがいありません。
 他にも、「抱っこマシン」や、おやすみ前の「ねむくなるおまじないあそび」など、ステキな抱っこ遊びが紹介されています。ぜひぜひ、こんな遊びをいっぱいしてあげてください。
 絵本目次へ  HOME