←HOME

命・魂・生きるの絵本 
                      絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

『でも、わたし生きていくわ』
  コレットニース=マズール 作
  エステル・メーンス 絵
  柳田国男 訳
  文溪堂

 わたしたちは、3人きょうだい。
 ある日、たいへんなことがあって、とつぜん、ママもパパもいなくなったの。
 わたしたちは、ぜんぶ自分でしないといけなくなったの。

 お父さんとお母さんが死んでしまった7歳のネリーと妹と弟は、離れて暮らさなくてはならなくなりました。でも、預かってくれた大人は、「3人の子どもたちは毎週何曜日に会うかをきめないといけないな」と言ってくれます。身を寄せる家では暖かく迎えてくれて、読んでいてホッとします。でも、やさしくされても癒されない傷…。ネリーは悲しい気持ちがあふれながらも、未来の家族のことを考えるのです。

 子どもって、強いなぁ。この絵本は暖かく迎えてくれる人たちがいたので本当によかったと思いますが、両親が死んでしまった心の穴は埋まることはないのでしょう。その悲しみを乗り越える強さを見せてもらいました。




『像の背中−旅立つ日−』
  秋元康 作
  城井文 絵
  光文社

 ある朝 目が覚めたら 神が待ってた
 命に 終わりが来ると そっと 知らされた
 ・・・・・
 一番近くの 大事な人よ しあわせだったか?
 ・・・・・

 お父さん象が、旅立つときに家族を思う気持ちと、人生を振り返りいとおしむ思いが描かれ書かれています。見送った大事な人をあったかく思い出すきっかけをくれた絵本です。





『くまとやまねこ』
  湯本 香樹実 作
  酒井 駒子 絵
  河出書房新社

ある朝、くまは ないてしました。なかよしのことりがしんでしまったのです。
くまは森の木をきって、小さな箱をつくりました。木の実のしるで 箱をきれいな色にそめ、なかに花びらをしきつめました。
それから、くまはことりをそっと、箱のなかにいれました。

なかよしのことりが死んでしまい、くまは悲しみで家にこもってしまいます。久しぶりに窓を開けて外の空気を吸い、外に出てみると、やまねこが昼寝をしていました。やまねこからの言葉、バイオリンの演奏、悲しみが癒されていく過程が暖かくて、私の心の傷も癒されるようでした。悲しみを乗り越えるのではなく、寄り添う、そして前向きに生きていく力が人間にはあるんだなぁと 思いました。




『あいのうた』
  S. ウィリアムズ 作
  M. モリウチ イラスト
  中川 ひろたか 訳
  講談社

いろんな はっぱ
いろんな き
いろんな くも
いろんな かぜ

ここに きみが いる
かけがえの ない
ただ ひとりの ひと
きみを おもう きもち
それって あい?

当たり前にある自然や生き物、香りや時、音や旅までもが、実は私たちを包み込んでくれている。そう感じたとき、ほんわかとしたものに包まれている自分が想像できました。それは暖かい気持ちで、心地よい感じでした。その中で悩んだり笑ったり、悲しんだり、たくさんの気持ちもまた、私たちのまわりにあって、すべては愛に繋がっている…。ひとりぼっちじゃないんだ、悩んで苦しんでいいんだ、私はここにいていいんだ…。




『あさの絵本』
  谷川 俊太郎 作
  吉村 和敏 写真
   アリス館

 だれよりもはやく/めをさますのは/ そら
 おひさまのてがふれると/よるははずかしがって/あかくなる
 ゆめのくにへ/かえっていく/ゆめのこどもたち
……と続く詩が写真の中にちりばめられている。朝があけていくすがすがしい気配が届く。

 絵本の中の大自然に抱かれて、ただそこにいるだけの自分に戻れる。夜が明ければまた新しい一日が始まる。眠れない夜をうつうつと過ごして、空が白み始めるとほっとして眠る。朝の光はどんなに苦しい時にも何か希望をもたらしてくれる。




『小さな 小さな おとうと だったけど』
 高橋妙子(SIDS家族の会あいち) 作
 山本まつ子 絵
 あかね書房

 ぼく、おにいちゃんに なれるんだ。たのしいなあ・・・。
 でも、パパが つれてきた あかちゃんは つめたかった。
 けど、小さな 小さな あかちゃんを 愛しく 想う 気持ちが 家族の中にめばえ、そだつにつれて、ユーモラスな 明るさが よみがえってくる・・・。

 楽しみにしていた赤ちゃんが天国へ召されてしまい、悲しみにくれる家族が再び元気を取り戻していくお話です。作者の高橋妙子さん自身が3人の子どものうち2人を亡くすという悲しい体験をしました。突然の赤ちゃんの死に泣き暮れる日々。「早く元気になって」と励まされても、悲しみや辛さをどう乗り越えたらいいのか分からなかった頃、「SIDS家族の会」と出会い、少しずつ心の整理がつき、なんとか前を向いて暮らし始めました。高橋さんは、大学で英語を教えているので、死生観が日本人と違う欧米の方たちと接する機会が多くありました。そこから、亡くなった人のことを自然に話したり、たくさん泣いたりすることで心の歩みを重ね、悲しみと共存できるようになれることを学んだそうです。そばに寄り添っていてくれたり、共に泣いてくれたりなど、周りの人のささやかな心遣いで、随分と気持ちが癒されるのです。この本が、子供を亡くして悲しみにくれる人の役に立つといいですね。周りにそんな方がいたらこの本を教えてあげてくださいね。





『いのちのまつり』「ヌチヌグスージ」
 草場一壽 作
 平安座資尚 絵
 サンマーク出版

 「ねえ、おばあさん、ぼくのご先祖様って何人いるの?」…「オバアにわかるのは、数えきれないご先祖様がだれ1人欠けても、ぼうやは生まれてこなかった、と言うことさぁ〜。だから、ぼうやのいのちは、ご先祖様のいのちでもあるわけさぁ〜ね」…。

 見えないいのちの繋がりを、コミカルな絵とやわらかな沖縄の言葉が包みます。お話の後半では、たくさんのご先祖様たちの絵が大きく広がり、コウちゃんを通して、自分自身の大きないのちと出逢えますよ。自分が今ここにいて過去と未来を繋いでいること…、いのちは輪になって、地球のように回っているんだね。




『しあわせのちいさなたまご』
 ルース・クラウス 文
 クロケット・ジョンソン 絵
 かく わかこ 訳
 あすなろ書房

 ちいさな ちいさな ことりが いました。けれども それは うまれたばかりの ちいさな たまご。 だけど こんなふうに あたためてもらうことだけはできました。あっちむいて あたためられて こっちむいて あたためられて くるひもくるひも あたためられて そして あるひのこと、・・・。

 子どもがしあわせに生きていくには、このあたためてもらうだけの時期がとっても大切。そしてそれは親にとっても同じだね。親子が安心してこの時期を過ごせること、それは、しあわせの未来に繋がり、受け継がれていく。




『おなかの大きい小母さん』
 まど・みちお 詩
 大日本図書株式会社

 おなかの大きい小母さんが散歩に出かけました。空の雲も、垣根の花も、木の葉も、みんなが祝って励ましてくれる。そしておなかの赤ちゃんにもエールを……。
 娘の借りてきた詩集です。何かで以前読んだ記憶があるのですが、今回読んでみて何だか涙がでてしまいました。まど・みちおさんの、目線がやさしいからでしょうか・・。




『からだのなかで ドゥン ドゥン ドゥン』
 木坂涼 作
 あべ弘士 絵
 福音館書店

 みんなの胸に耳をあててみると、ドゥンドゥンと音がするよ。犬のコロもトゥックントゥックンと音がする。猫のミーコもウックンウックンと音がする。トカゲも鳥も、ラッコの親子も山のくまさんも、みんなみんな音がしてる。

 みんなが生きている音、いのちの音、絵本を読み終わったら、お互いのいのちの音を聞き合ってみてね。

 親子の集まりで読んであげたら、お話しを読み終わったあと、子どもたちは早速自分の音をお母さんに聞いてもらったり、お母さんの音を聞いたりしていました。お母さんの胸に顔を埋めて聞いている子どもたちの顔が、とても幸せそうでした。




『インデアンの男の子 リトル・ムーン』
 ヴィンフリード・ヴォルフ 文
 ナタリー・ドロシー 絵
 永野ゆう子 訳
 ぽるぷ出版

 リトル・ムーンは、一人ぼっちでした。家族も友だちもいませんでした・・。ちいさな男の子がいくつかの出会いを通し、心優しく成長していきます。
 老いていく命が、若い命に与え残してくれるものは、強くあたたかい。長い人生の中での経験で熟成された知恵を未来に受け継ぎ・・、命はそうして繋がっていく・・・。
 最後のところの、おばあさんが亡くなる場面の絵に心を揺さぶられた私です。おばあさんの絵がとっても素敵なのですが、どうしてだかその絵に泣けて仕方がない私です。亡くなった祖母と重なるのでしょうか・・・。おばあちゃんが小さな私に、教えてくれたことと重なるのでしょうか。




『ちいさないのち』
  さかもとふぁみ 作
フォレストブック

 わたしは小さないのちです。神さまが、わたしにキスをして、いのちを与えてくれました。ーーところがある日、冷たくておそろしいのがやってきて、わたしを追いかけました。「お母さん、助けて!!」わたしはいっしょうけんめて逃げましたが、とうとうつかまって、お母さんのおなかから引きずり出されてしまいました。

 これは、人工中絶でこの世に生まれることなく神さまのところへ返った赤ちゃんのお話です。いろいろな事情で赤ちゃんを産めなかったお母さん、もしかしたらそんなお母さんは、自分のことを責め続けているかもしれません。これはそんなお母さんへの、神さまのところに返った赤ちゃんからのメッセージです。

 お母さんも、つらかったんだね、苦しかったんだね。でも、もう泣かないで。お母さんが泣いていたら、わたしも涙が出ちゃう。お母さんはたったひとりの大事な人だから、しあわせでいてほしいの。




『ずーっとずっとだいすきだよ』
 ハンス・ウィルヘルム 絵・文
 久山太市 訳
 評論社

 「ぼく」と犬のエルフィーは互いに生まれてすぐから一緒に育ったのですが、人より早く年を取るエルフィーは年老いて死んでいき、家族みんなが悲しみます。
ぼくだって、かなしくてたまらなかったけど、いくらか、きもちがらくだった。だってまいばんエルフィーに、「ずーっと、だいすきだよ」っていってやっていたからね。
 「ずーっと、だいすきだよ」とは、「これからさきもずーっと、いつだって、どんなときだって、だいすきだよ」という意味ですが、ここまで読んでくると、私はいつも泣いてしまいます。大切な人たちと死別した悲しみの気持ちに響くのです。あるいは、我が子が幼いときに、心から繰り返しそう言ってあげたかった、という後悔の気持ちからかもしれません。
 でも、そのたびに、いまからでも遅くない、と思い返すのです。だって、たとえ相手は亡くなっていても、「これからさきもずーっと、いつだって、どんなときだって、だいすきだよ」という気持ちに変わりはないのですから。




『いつでも会える』
 菊田まりこ 作
 学習研究社

 ぼくは犬のシロ。ぼくには、みきちゃんというだいすきで大切な人がいる。みきちゃんといると、楽しくてうれしくて、しあわせだった。ずっといっしょにいられると思っていた。でも、どうしてか、みきちゃんがいなくなってしまった。みきちゃんに会いたい。みきちゃんはどこ? どこ? どこ? どこにいるの? みきちゃんをさがしまわるシロ。みきゃんはどこにいるのかな?……
 会えなくなってしまった人に、会いたくて会いたくてたまらないとき、大切な人を亡くした悲しみをどうすることもできないとき、そっと開いてみると心が癒されます。




『おばあちゃん』
 大森真貴乃 作
 ほるぷ出版

 はたらきもので、しっかりもの。誰からもすかれ、誰からも頼られているおばあちゃん。そんなおばあちゃんが、ある日、ころんでけがをしてから、元気がなくなっていきました。
「おばあちゃん、あかちゃんに、なってくみたい……」
 ほそくて、ちいさくなったおばあちゃんは、もう、だれがこえをかけても、こたえませんでした。
 おかあさんは、おばあちゃんを、しっかりだきしめ、大きなこえでなきました。
 絵本のおばあちゃんは、幸せそうに、赤ちゃんのようなかわいらしい顔をして、おかあさんに抱かれています。「おばあちゃん」の生と死を、あたたかく見つめる作者の思いが、しずかに伝わってきます。




『わたしのいもうと』
 松谷みよ子 文
 味戸ケイコ 絵
 偕成社

 「いじめ」をテーマにした絵本で、とても悲しく心に響くお話しです。松谷みよ子さんのところに届いた、「私の妹の話しを聞いて下さい」という一通の手紙の中に記してあった、実際の話がもとになっているそうです。
 読み聞かせをするときに、小学校で読んでも、高校で読んでも、そのあとは教室が静まりかえってしまいます。その空気をどうしたものかといつも戸惑うのですが、読まずにはおれないのです。読み聞かせの最後には、松谷みよ子さんのあとがきも読み、感想は聞かずに教室を出てきます。

 わたしを 
 いじめたひとたちは
 もう わたしを
 わすれて しまった でしょうね

 あそびたかったのに
 べんきょうしたかったのに




『しあわせ』
 レイフ・クリスチャンソン 文
 ディック・ステンベリ 絵
 にもんじ まさあき 訳
 岩崎書店

 この本はスウェーデンで生まれました。日々の暮らしの中のちいさな感動を、見逃すことなく伝えてくれるそんな本です。生きるときが辛いとき、そっと手にとってください。愛と希望と勇気と夢があなたの中にふくらんでいきますように…。
 私のしあわせは、こうやって何かを書いてるときや、誰かや何かを想ってるときかな。そして誰かの大好きがすぐそばにあると気づいたとき。




『100万回生きたねこ』
 佐野洋子 作
 講談社

 「100万回も死んで、100万回も生きたねこがいました。100万人の人がそのねこをかわいがり、100万人の人が、そのねこが死んだ時に泣きました。ねこは1回も泣きませんでした」
 そのねこが初めて泣いたのは……。
 何だかわからないけど、生きることの意味を深く考えさせる絵本です。
 
絵本目次へ  HOME