←HOME

不安・心配・さみしさ・悲しみ・いろんなもやもやの絵本 
           絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

『おごだてませんように』
  くすのきしげのり 作
  石井聖岳 絵
  小学館

 ぼくは いつも おこられる
 いえでも がっこうでも おこられる
 あーあ、ぼくは いつも おこられてばっかりや。

 ほんまは ぼく、「ええこやねえ」って いわれたいんや。
 けれど、おかあちゃんも せんせいも、
 ぼくを みるときは、いつも おこった かおや。

 たなばたさまの おねがいを たんざくにかいた。
 いちばんの おねがいを かいた。
 「おこだてませんように」

 ‘ぼく’の気持ちを思うと、わかってもらえない思いが詰まっていて、悲しくなりました。同時に、息子の顔も浮かんできました。魚をさばいた後の床がものすごくびじゃびじゃだった時、一生懸命やったのに失敗して、その失敗しか私が見てないとき、私は大きな声で「何やってるの!」と言います。その時の息子の顔は、どうして怒られているのかわからない、悲しい顔になっています。その顔を見ると、大きな声を出して失敗したーと思います。

 子どもはみんな、怒られようとしてやっているのではないのですね。一生懸命やっていたら床がびじょびじょになってるのが気がつかなかったり、笑わせようとしたら調子に乗って何かを壊してしまったり…。それなのに怒られるんですから…。そうか、私は結果だけをみているのですね。過程を見てあげればいいんですね。

 絵の‘ぼく’の表情がとてもステキ。特に怒られたときの横顔が、なんともかわいくて切ない。




『理想のママのつくりかた』
  森野さかな さく・え
  自由國民社

 ママは とっても おこりんぼう。
 どなると まるで かいじゅうのよう。
 ママは いつも よその こを ほめる…
 ママは いつも いそがしい…
 ママは いつでも いそいでる…

 あたしは すごーく さびしくなって りそうの おうえを かいてみた。
 りそうの ママが すんでいる りそうの おうちの えを かいた。

 おこりんぼうのママ、いつも「はやく○○して」と言うママ、読んでいてなんだかドキッとしてしまいました。寂しくなった‘わたし’が描いた理想の家には、理想のママが待っていました。‘わたし’は理想のママにたくさん話を聞いてもらい、ギュッとしてもらっておうちに帰りました。でも本当のママはまだかいじゅうで…。それで、ママを理想の家に連れて行くと、そこにはママの理想のお母さんが待っていて…。




『おかあさん、げんきですか。』
  後藤竜二 作
  武田美穂
 
  ポプラ社

母の日に、「ぼく」は学校でお母さんに手紙を書きました。
「お母さん、ありがとう」なんてはずかしくて書けない「ぼく」は、日頃からお母さんに言いたいことを、思いっきり書くことにしました。

いくつも文句を書いたけど、その文句がかわいい。そして最後はやっぱり……。こんなふうに気持ちを伝えられる「ぼく」は甘え上手? こんなふうに伝えてもらえるお母さんは甘えさせ上手? 手紙をもらったお母さんのうれしい気持ちが伝わってきて、ジ?ンとしました。




『わたしの きもちを きいて U手紙』
 ガブリエル・バンサン 作
 もりひさし 訳
 BL出版
わたしのきもちをきいて (2)

 ここは みすてられたような あれた庭。わたしが ママとパパに 手紙を書くのはこの庭のなか。わたしは・・手紙を書くのにちょうどいい場所を見つけ、いいたいことや、してほしいことを、時間を掛けて書いていきます。そのノートにたくさん書いた、パパやママに伝えたかった気持ちとは?

 子供の時に伝えられなかった気持ちがある。それはただ「そばにいてほい」という気持ち。そんな気持ちを代弁してくれているような絵本です。絵がまたさみしくて、心の琴線に触れてきます。さみしい気持ちと仲良くなりたいときにおすすめの絵本です。




『でっかいでっかいモヤモヤ袋』
 ヴァージニア・アイアンサイド 作
 フランク・ロジャース 絵
 左近リベカ 訳
 草炎社

 ジェニーはいつもしあわせだった。そしてまわりには大好きなひとたちがいた。でも、このごろ、だんだんモヤモヤしてきて、ある日起きたら・・でっかい、でっかい、モヤモヤ袋があった。心配や気がかりがたまってしまうと、モヤモヤ袋がいっぱいになる。それは、むししても、ほうりなげても、しめだしても何処かへ行ってはくれない。もう、うんざりだ。となみだがこぼれてきたら、安心できる誰かと一緒に、モヤモヤ袋の中身を一つ一つ出して見る、ゆっくりそーっとね。

 娘が借りてきてくれた絵本です。「この本ね、よーく分かるんだよ。だってね、私の中にもいろんなモヤモヤがあるもん」と言うので、「それがなくなるのはどんな時?」と聞くと、「う〜ん、やっぱり誰かに聞いてもらえた時かな?」と答えました。




『おとしものしちゃた』
 中山千夏 文
 長新太 絵
 自由国民社
おとしものしちゃた

 サッサさんのくちぐせは「ちらかってるのだいっきらい」。のはらでたんぽぽかたづけた はまべでかいがらかたづけた・・。それであちこちかたづけているうちに、ちいさな『っ』をなくしてしまいまったのです。「こまたなあこまたなあ」誰かに聞いても、どんなに探しても見つからなくて、・・サッサさん とうとう なきだした。そこに きれいな でんでんむしがゆっくりゆっくりかおだして・・じぶんのちいさな『っ』をくれたのです・・。

 自分のやり方が時に失敗を引き起こし、大切なものを無くしてしまうこともある。「こまった」気持ちがいっぱいになって、自分ではどうにも出来ない時、誰かの助けが必要だね。そして助けになってくれるのは、意外にも自分と正反対の生き方をしている人だったりするんだよね。でんでんむしのおおらかさが私の心に優しい余韻を残し、子どもたちは言葉遊びの楽しさを味わっていました。




のうさぎのおはなしえほん『あな』
 片山令子 文
 片山健 絵
 ビリケン出版

 「ときどき こうなるんだ。 いま どんな きもちかって いうと……。そうね、たえば この からっぽのカップ。 そう。 わたしは からっぽの きもちなんだわ」ときがついた のうさぎさん。それにぴったりするものを探し始めると・・・。「そうそう。こんなかんじ。 しーんとして ひんやりして、 おおきな からっぽなの」のうさぎさんは しばらく あなのそこに まるまって、 じっとして いました。

 何をかくそう、私の中にもからっぽがあります。からぽのあなに入ってみるなんて、考えてもみなかったけど、何だかいいなあって思いました。自分のピッタリ感を見つけて、それに浸ることは、きっと新たなステップへの近道。そしてからっぽの中には、大きな大好きが隠されているのかもしれないね。




『ないた』
 中川ひろたか 作
 長新太 絵
 金の星社

 ころんで ないた。ぶつけて ないた。けんかして ないた。 しかられて ないた。・・・ うれしくて ないた。 こわくて ないた。・・・あかちゃんは すぐなく。なくのが あかちゃんの しごとなんだっておとうさんが いった。そういえば、 おとうさんが ないたのをみたことがない。おとなは なんで、なかないんだろう。ぼくも おとなになったらかなくなるんだろうか。

 あなたはどんな時に泣きますか? それとももう長いこと、泣いたことなどありませんか? 人はいくつから泣かなくなるのでしょうね。5年生の娘は「泣いたら負けだから、それにかっこ悪いから」と、もうだいぶ前から人前で泣かないようにしているそうです。私は泣きます、大人だけど。私の中の小さな私と一緒に泣きます。そして、その小さな私と一緒にいたいから、泣くのかもしれません・・・。




『ちいさなしんぱい』
 アンネ・エルボー 作
 木本栄 訳
 ひくまの出版

 くまのアルシバルドがめをさますと、あたまのうえに、ちいさなくもがもやもやとうかんでいました。そのくもは、ちいさなしんぱいになり、にげても、きぶんをかえようとしても、どんなことをしてみても、どこまでもついてくるのです。さて、アルシバルドは、どうするでしょう?

 このくまさんの行動・・私の心の中にある心配と重なります。「あ〜、私の心配と似ているなぁ」って思いながら読み進めました。くもとくまの、描かれた位置関係がポイントかも・・。




『きらめく船のあるところ』
 モレー・モースト 作
 ユッタ・ビュッカー 絵
 小森香折 訳
 BL出版

 キツネとオオカミが、谷でのんびりくらしていました。ある日、旅人がやってきて、塔のはなしをします。塔からは、きらめく海がみえるといいます。海をみよう!2ひきは、塔をめざしてでかけますが、あと少しというところで、“ふあん”という名の魔物がたちふさがります。
 絵の中の陰影が、心を揺さぶり、そして(旅人はだいぶ前に現れたというのに)まだ“ふあん”を乗り越えられないでいる私に、キツネとオオカミが道しるべをくれた。一緒にそれを乗り越える誰かさんと自分自身を信じて・・私もいつか、きらめく海を見れるだろうか・・。




『ハリネズミのくるりん』
 とりごえまり 作
 文溪堂

 くるりんは びっくりしたり、はずかしくてドキドキしたりすると、クルリンとまあるくなってしまいます。でも、くるりんは、もりのみんなとお友だちになりたくて、ママと一緒に、「こんにちは」のれんしゅうをします。そしてドキドキしながら、ひとりで出かけた、くるりんは・・。

 読みながらくるりんのドキドキが伝わって来ます。自分の力で、外の世界に飛び出していこうとする子どもたち・・、どんなに怖くて不安なんだろうね。「がんばっているよ」「今の精一杯でがんばっているよ」「でも、こんなんじゃ頑張っているって思えないよ。でもほんとはがんばってるんだ」と小さな心が膨らんだり縮んだりしているんだね。あせらず、時々くるりんとなりながら、やっていけるといいな。




『ひとのいいネコ』
 田島征三 絵
 南部和也 文
 小学館

 ネコのホルスは、おひとよし、人だすけがだいすきです。森であった1ぴきのノミに、血をすわせてあげました。するとノミはたまごをうんで、次の週に10匹になり、また血をもらいに来ました。その次の週に100匹になり、どんどんふえてきたのです。どうするホルス・・・。

 私はネコのホルスを通して、自分を大切にすることと、誰かを大切にすることのバランスについて考えさせられました。子ども達2人は、ノミが増えていくようすと、ホルスの対応の変化を楽しみ、そして最後のページで、ホルスがまたノミを助けようとするのを見て、「あ〜あ!まただ〜!あ〜、助けちゃうよ〜」とそろって声をあげていました。

 田島征三さんの絵なので、ネコの姿がとても個性的です。私には思いつかないネコの絵でした。鮮やかな色合いの絵本です。




『いつだってともだち』
  エリック・バトゥー 絵
  モニカ・バイツェ 文
  那須田淳 訳
  (世界の絵本)講談社

 大好きだったともだちがとつぜんひっこします。さみしくてすかっかり元気がなくなったピンクのぞうベノ。そんなとき、ものしりのフクロウ「ホレイカ」に会いに行きます。ホレイカがベノに言ったこととは……
 悲しみの乗り越え方はみっつ……。いろんな気持ちがあって、心の中に場所を作る大切さも伝わるといいなぁ…。
 私は読みながらず〜っと泣いていました。でも…勘違いだったみたい。意味深?(笑)




『おおきな木』
 シェル・シルバンスタイン 作・絵
 ほんだきいちろう 訳
 篠崎書林

 少年と木はとても仲良しで、いつも一緒に遊びます。木は少年の願いや望みをかなえてやることがうれしくて、満足していました。やがて、少年は成長し、大人になっておおきな木から様々のものを奪い取ります。でも、最後の最後に戻ってきたのは、おおきな木のある場所でした。
与えることが愛なのでしょうか?奪うことが愛なのでしようか?少年と木の関係を通して、いろいろなことを考えさせられる絵本です。




『だーれもいない だーれもいない』
 片山健 作・絵
 福音館書店

 お昼寝から目がさめたら、お母さんがいない! 誰もいない! コッコさんは不安な気持ちでお家のあちこちを探します。風や雲やヤマバトが来てコッコさんに声をかけていきますが、コッコさんは何も言えません。何か言おうとすると、気持ちがあふれてきてしまいそうだから……。その時……!




『へんてこりんなあいつがおしえてくれたこと』
 よしだまなみ 絵・文
 文芸社

 がっこうなんて つまらない。いえにかえっても まっているのは かあちゃんのせっきょう。そんなあるひ とつぜん へんてこりんなあいつがあらわれた。それから ぼくにしかみえないあいつが そばにいるようになって・・・。

 何度も読み返すうちに、視線が入れ替わるのを感じました。始めは「へんてこりんなあいつ」が「ぼく」を見ているのに、ページが進むごとに、「ぼく」が「へんてこりんなあいつ」を見始めます。そして、「へんてこりんなあいつ」と仲よしになった時、「ぼく」の心は暖かいもので満たされ、お母さんもにっこり顔に・・・。

 クレヨン書き?のようなシンプルな絵と短い言葉が、私の中の「小さな私」に柔らかくしみてきました。




『なみだ』
 キタガワタケシ/マエダマサキ/
 レイモンドクルメ さく
 講談社

 町のなみだ屋さんに、きょうもいろんな人が、なみだを求めてやってきます。その日最後にやってきたのは、町いちばんのお金持ち。「世界一のなみだを出してくれ」「金はいくらでもある」というその人に、「覚悟はいいですか」となみだ屋。なみだ屋の手の中に輝くものを見た男は、「これこそ世界一のなみだ。今すぐワシに」でもそれは涙ではなかった。男にとっての世界一の涙はもっとうつくしかった。
 絵本目次へ    HOME