←HOME

抱っこ・触れ合いの絵本
           絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

『だっこのおにぎり』
 長野ヒデ子 作
 つちだのぶこ 絵
 佼成出版社

ママにだっこをお願いすると

 ママの だっこは ふふふのふ
 だっこの おにぎり ふふふのふ
 おいしい おにぎり つくりましょ

 ごはんを くちゅくちゅ よくまぜて
 くちゅ くちゅ くちゅ
 くちゅ くちゅ くちゅの
 くちゅくちゅくちゅ!

作者の長野さんのお母さんは何でも歌にして楽しんで口ずさんでいたそうです。“即興のでたらめ遊び歌”だったそうですが、うれしくて楽しい思い出を、おすそわけしたくなったそうです。私も子供たちが小さかったとき、子供をお魚にしました。釣り上げたピチピチの魚を手の包丁でさばき、焼いてプチプチしている感じをこちょこちょで、最後はこちょこちょしながらおいしくいただきました。歌を歌いながら、子供とスキンシップ、ついでにぎゅっと抱っこしたらきっと楽しい時間になることでしょう。絵も、とっても楽しいです。




                 
『ハグしてぎゅっ!』
 ナンシー・カールソン さく
 なかがわちひろ やく
 瑞雲舎
                                    
 げつようびの あさ。
 ねむいな、さむいな、おきたくないな。
 そんなときには おいしい あさごはん。
 でも もっと いいのは…
 「おはよう」の ハグしてぎゅっハグしてぎゅっ!

 ‘ハグしてぎゅっ’は「うれしいときもかなしいときも、おとなもこどもも、みんなにっこりさせちゃうすごいもの」。‘ハグしてぎゅっ’するだけなの、簡単なことなんだけど‘ハグしてぎゅっ’のすごさとあたたかさが伝わってきます。そうだよね、まず‘ハグしてぎゅ’しよっか!




『おやすみ、ぼく』
  アンドリュー・ダッド 文
  エマ・クエイ 絵
  落合恵子 訳
  クレヨンハウス

ベッドに入ったチンパンジーのぼくが、
「おやすみ ぼくの あしさん きょうも うーんと はしったね」
「おやすみ ぼくのひざさん ありがとう ぼくを ささえてくれて」
「おやすみ ぼくの おなかさん グルグル ゴロゴロ いわないで」
・・・とぼくのからだのあちこちに語りかけます。

こんなふうにお母さんに足に膝にお腹・・・にやさしく触れながら話しかけてもらったら、とっても安心して眠りにつくことでしょう。おとなの私たちは,自分の体の部分一つ一つに、自分でよしよししてありがとうが言えたら、体が喜んで明日も元気で目覚められそう。





『ほっぺほっぺほっぺ』
  うちだりんたろう/
  ながのひでこ
 
  童心社

 ぽっぺ ほっぺ 
 さっちゃんは ほっぺほっぺ します

 ぽっぺ ほっぺ 
 さっちゃんは ほっぺほっぺ します…

 さっちゃんは「ほっぺほっぺ」するのが大好き! たこさんやハロウィンのかぼちゃ、きつねさん、だれとでもほっぺほっぺしてしまいます。ほっぺほっぺされたたこさんもかぼちゃさんもきつねさんもうれしそうで、にこにこの仲良しになります。でも、たぬきさんだけは「よせやい、はずかしいや」と言って、ほっぺほっぺしませんでした。

 でも、さっちゃんがそのあとも、わにさんやかみなりさんとほっぺほっぺして、おひるねしていると……。

 孫が大好きで、この絵本を読むとうれしそうに「ほっぺ、ほっぺ、ほっぺ」と言って、ぷりぷのかわいいほっぺを、私の頬に寄せてきます。あかちゃんに読んであげても、「ほっぺほっぺ」という言葉のリズムが楽しいのか、喜んで聞いてくれます。

 ほっぺほっぺしていくお友達が、かわいい動物たちやかわいい物たちでないところが、にくいですね。





『おやすみのぎゅう』
  さいとうしのぶ 作
  佼成出版社

 こぶたちゃんは、おやすみの前にママに「ぎゅう」ってしてもらいます。でも、ふと「ママはぎゅうしてもらわなかったの?」と気になりました。「ママはこどものころ、ママのママに『ぎゅう』してもらったのよ」とママ。そして今は「ママはパパに『ぎゅう』ってしてもらうのよ」とママは言います。

 おともだちのきつねさんも、りすさんも、うさぎさんも、み?んなぎゅうってしてもらっておやすみです。パパとママにもう一度「ぎゅう」してもらって、こぶたちゃんは安心してねむりました。




『まて まて まて』
  こばやしえみこ 案
  ましませつこ 絵

  こぐま社

 「まてまてまて」は、赤ちゃんが喜んでたくさんハイハイするように、昔から家庭で遊ばれてきたわらべうたです。ハイハイする赤ちゃんを励ますように、お母さんが後ろから畳を軽く手で叩いて、「まてまてまて」と追いかけます。赤ちゃんがハイハイする期間は、長いほど子どもの成長には良いとされ、今でもある地方では、早く立って歩かないように、一歳のお誕生日に二升餅を背負わせるといいます。ハイハイの時期に限らず、走り回れるようになっても、小さな子どもたちは、お母さんやお父さんに「まてまてまて」と追いかけられるのが大好きです。このわらべうたは、メロディーはとくにありませんので、追いかけてきて!というお子さんの期待に応えて、楽しく「まてまてまて」と、遊んであげてください。(こばやしえみこ)


 相談室でも、ちょっとすねて逃れてしまうお子さんを、「まて!まて!」と追いかけると、うれしそうに逃げ回って、遊びになることがよくあります。逃げながらも、追いかけて来るのを期待する素振りが見え見えで、追いかけっこを楽しんだ後につかまえたときがまた可愛くて、お互い笑顔になるのです。大好きな人に追いかけてもらう「まて!まて!」は、いくつになってもうれしいのかもしれませんね。




『くっついた』
  三浦太郎 作
  こぐま社

 “くっついた”は幸せのはじまり。

 その日は突然やってきました。我が家に赤ちゃんがやってきたのです。もちろん、赤ちゃんとの生活というものを漠然と想像したことはありました。しかし、その日以来、赤ちゃんとは24時間生活を共にすることになるわけで、泣きたい時に泣き、寝たい時に寝る、そんな赤ちゃん中心の生活になり、自分の想像とはかけはなれた現実がそこにはありました。

 そんな生活も3ヶ月がすぎたころでしょうか。寝不足ぎみな私を見て、まわりの人たちが、「笑うようになったら、かわいくて育児疲れも飛んでいくよ」と、声をそろえて同じようなことを言うのです。でも、赤ちゃんは、なかなか笑ってくれません。「いないないばあ」をしても、逆にじ一っとこちらを見ています。どうも赤ちゃんは、まだ笑いのツボがわかってないのかな、なんて思ってました。

 何日かたったある日、赤ちゃんのやわらかいほっぺをさわっていて、なにげなく「くっついた」と声を出しながらほほをよせました。すると、「ぐふぐふ」とまだへたくそな笑い声をだして笑ったのです。なんだそんな単純なことだったのか!と大喜び。その日以来、「くっついた」は、我が家の合い言葉になりました。

 絵本『くっついた』は、こんな子育ての中からうまれました。何かと何かがくっつくことはとても幸せなことで、そこからすべてが始まるんだと実感しています。この本を読んだ後、ひと組でも多くの親子がくっついてくれたら幸せです。(2005年夏・三浦太郎)


 甘え上手は屈託なくくっつける。触れ合いは心地よいものなのに、それを避けたくなるのはすねたい気持ち。くっついてしあわせを実感できたらいいね。




『ぎゅうって』
  さいとうしのぶ 作
  ひさかたチャイルド

 ママにぎゅうってしてもらったはるちゃんは、うれしくてうれしくて、いぬさんやねこさんやかえるさんに「ぎゅってしてもらったんだよ」って教えてあげます。

 でもいぬさんもねこさんもかえるさんも、ぎゅってしてもらったことがないので、「ぎゅう」がどんなものかわかりません。「ぎゅって、こんなの?」とかえるさんに飛びつかれて泣き出したはるちゃん。

 そうしたら、ママが来てまた「ぎゅう」してくれました。いぬさんやねこさんやかえるさんには、はるちゃんが「ぎゅう」ってしてあげました。





『とってもいいこと』
 内田麟太郎 文
 荒井良二 絵
 クレヨンハウス

 どこかのだれかが いいました。「ひるねばかりしていないで、でかけた、でかけた」「どうして、でかけなきゃ いけないの?」「いいことがあるからさ」「いいことが?」8ちゃんは いいことがあるのうたを うたいながら はまべへ でかけました。そこでは力くらべ大会が始まって、どんどん大きなものが名乗りをあげていき、最後には壮大なものが・・・。始めに声をかけてきた、どこかのだれかとは・・?それからとってもいいこととは・・?

 ページをめくる度に、心の中の画面がどんどん広がっていき、読んだ後も、その広がりと言葉遊びの余韻を残してくれます。親子でワクワクできる絵本です。




『ゆき!ゆき!ゆき!』
 オリヴィエ・ダンレイ 作
 評論社

 くらい くらい 夜。さむい さむい 夜。ママはゆりかごを揺らし、坊やはゆりかごで眠っています。坊やが目をさまし、ママがお外を見ると雪がふっていました。ママは坊やを毛皮にくるみお外に出ていきます。ママが「ゆき!ゆき!ゆき!」と歌い、「かいでごらん、ゆきのにおい」「きいてごらん、ゆきのおと」「たべてごらん」「さわってごらん」「ゆきのトロルをつくろう」「そりですべろう」と坊やといっぱい遊んでくれます。坊やは毛皮のおくるみにくるまれて、ニコニコしています。その愛らしく幸せそうな顔がたまらない!「雪の夜」の絵本なんですが、ママが坊やをとっても愛しているという雰囲気が伝わってくるとてもステキな絵本です。雪の夜にぜひどうぞ!




『だっこ だっこ ねえ だっこ』
 長新太 作
 ポプラ社

 昨年なくなられた長新太さんの絵本です。長新太さんといえば、ユーモアあふれるナンセンス絵本なんですが、長さんの絵本を読むと、子どもたちは「プッ」っと吹き出したり、クスクスと顔を見合わせたり笑ったりします。

 そんな長さんの絵本が私は大好きでした。でもナンセンス本ばかりでなく、こんな絵本も作られていたんですね。

 紹介するこの絵本は、ぶたや犬が「ねえ、だっこ だっこ」とおねだりしている絵本ですが、ケーキやアイスクリームまでもが、「ねえ、だっこ だっこ」とおねだりするところは、やっぱり長さんらしいですね。

 赤ちゃんからOKの絵本です。「だっこ」のあたたかさとナンセンスなユーモアを、親子で楽しんでください。





『けいちゃんのくすりゆび』
 あきやまただし 著
 佼成出版社

 けいちゃんは、なんにでもよくきく くすりをもっているんです。・・けいちゃんのくすりゆびは すごーい くすりです。ぱくっと くわえると、どんなことでも あっというまに なおってしまうんです。

 その昔、爪噛みが止められず、とっても困っていたという苦い記憶を持つ私は、図書館でこの本の表紙を見つけ、思わず手に取りました。私は大人たちに何度も注意され、自分でも恥ずかしいと思っていたのに、けいちゃんは違いました。けいちゃんは、堂々とくすりゆびをくわえていましたし、更には、みんなにたよりされていたのですから・・。でも終わりのページでは、一番のくすりをもらって眠ってしまうのですけれど・・・。




『だっこのえほん』
 ヒド・ファン・ヘネヒテン さく・え
 のざかえつこ やく
 フレーベル館

 だっこってふしぎ…。
 ぎゅっとだきしめたしゅんかん、こどものこころにぬくもりがつたわります。

 だっこは、ことばのいらない、あたたかいメッセージ!

 この『だっこのえほん』には、いのちをたいせつにおもうきもちがいっぱい。ふんわり、のんびりしただっこ。おなかのぽけっとにいれるだっこ。ときにはじゃれて、ひっかいたりあばれたり。いちばんのあまえんぼさんはだれかな? いちばんやさしいだっこをしてくれるのは、だれかな?

 ちいさいひとたちと、おおきなひとたちのための、だきしめたくなるえほん。(裏表紙の紹介文を転載)




『HUGしようよ!』
 キャサリーン・キーティング 作
 ミミ・ノーランド 絵
 石井千春 訳
 扶桑社

 ギュッて抱きしめると、とっても気持ちがいい。「もうひとりぼっちじゃない」「ああ、安心・・・」「この感じ、ずっと忘れてた・・・」「うれしい!」(「こんな私を、抱きしめてくれるのね」)やさしい気持ちになれる……。ページを繰ると、いろんなハグが。思いがけないハグもあるよ。

 金曜の夜はテレビでドラえもんをやっているんだけど、オープニングテーマ曲が代わり、「ハグしちゃおう」という曲になったそうです。それで娘が終わった後に私のところに来て「お母さん『ハグ』ってなあに?」と聞いてきました。「あのね、ギュって抱きしめることだよ。お母さんが東京から帰る時にギュってしてるでしょ、あれがそうだよ」って言ったら、「そうなんだ、それなら家でもやってるよね」とのこと。娘にしてみれば、ただ分からない言葉を尋ねただけだったのでしょうけれど、なんだかそう聞かれたことで温かいものが流れました。また説明しながら自分の中の、いろんな『ハグ』に思いを馳せていました。そうそう、娘にはいっぱいいっぱい『ハグ』してもらっているし、娘の『ハグ』はとっても暖かくて力強いです。




『ぷくちゃんの たくさんだっこ』
 ひろかわさえこ 作
 アリス館

 赤ちゃんが大好きな「ぷくちゃんシリーズ」の一冊です。
 今日は、ぷくちゃんはおじいちゃんとおばあちゃんのおうちでおるすばん。おかあさんがおでかけすると、さっそく「おばあちゃん、だっこ!」 おばあちゃんだっこは「ほんわかだっこ」 次はおじいちゃん。おじいちゃんのだっこ、「ゆったりだっこ」 おむかえはおとうさん。おとうさんだっこは「しっかりだっこ」 みんなにだっこしてもらって、ぷくちゃんは安心しておかあさんを待っています。おかあさんが帰ってきました。おかあさんのだっこは「ふわふわ、ほかほかのあったかだっこ」 そして、ぷくちゃんもおかあさんをだっこ。ぷくちゃんだっこは「だいすきだっこ」
 しあわせそうなぷくちゃんが可愛らしい絵本です。




『しゅくだい』
 宗正美子 原案
 いもとようこ 文・絵
 岩崎書店

 もぐらのもぐくんのクラスで、今日はとっても素敵なしゅくだいが出ました。そのしゅくだいは、「おうちのひとにだっこしてもらってください」。もぐくんはとってもうれしくて、「おかあさん、ただいまー」と元気におうちへ帰りました。

 でも、あかちゃんが寝たばかりだったので、「しずかに!」とお母さんに早速ちゅういされてしまって、もぐくんはちょっとしょんぼり。しゅくだいをしなければならないのに、なかなか言い出せません。

 子どもに八つ当たりをして落ち込んでいた時、たまたま、この絵本に出会いました。お母さんって、いつもやらなきゃいけないことがたくさんあって、大変。だから子どもを抱っこするきっかけをいつの間にか見過ごしてしまって、時間が過ぎていってしまうんですよね。それでもこの絵本の中では、みんなが抱っこのチャンスをくれるんです。抱っこのしゅくだいを出してくれた学校の先生。「きょうのしゅくだいは?」と子どもと会話を交わすことで、抱っこのしゅくだいのことを言い出せるチャンスを、たまたま作ってくれたお父さんとおばあちゃん。みんなとっても素敵。

 そして、私たち読者には、この絵本そのものが、抱っこのチャンスを与えてくれます。だって、子どもと一緒にこの絵本を開くたび、「じゃあもぐくんみたいに、今から抱っこしちゃおうか!」って言えるチャンスが訪れるんだもの。




『ねえ だっこして』
 竹下文子・文
 田中清・絵
 金の星社

 赤ちゃんだって、ねこだって、お母さんに抱っこして欲しい。お母さんのおひざは世界一すてき。お母さんの抱っこは世界一やさしい。お母さんと赤ちゃんを見つめる、ねこの本当の気持ちとは・・・。
 私は、本を読みながらねこの気持ちを味わいました。読みすすめるうちに古い見覚えのある涙が溢れてきました。それは、小さなお姉ちゃんだった私の涙でした・・・。




『ママ、わすれてるじゃない』
 エミイー・ヘスト 文
 アニタ・ジェラーム 絵
 小川仁央 訳
 評論社

 おやすみ前に、いつもママがしてくれることは…大好きな絵本を読んでくれること。毛布でやさしくくるんでくれること。でも、それだけではありません。ママはまだ、大事なことを忘れています。
 おやすみ前のひととき、少しでもママにそばにいてほしくて、あれこれママに話しかける坊や。最後にママが忘れていたことは、なんでしょう? 
 もうわかるかな? うふふ…。




『どんどこ ももんちゃん』
 とよたかずひこ 作
 童心社

 どんどこ、どんどこ、ももちゃんが急いでいます。橋をわたり、山をこえ、とおせんぼするくまさんにも負けません。お山からころげおちたももちゃんは、目に涙をうかべながらも、なお急いでいきます。
 そして、どーん、と行き着いたところは……? やっぱり、それは、お・か・あ・さ・ん!
 パンツ姿のモモちゃんが、一心不乱にお母さんに向かっていく姿が何ともいじらしい。
 子どもがすでに大きくなっている方がこの絵本を開くと、わが子が「おかあさーん」って飛びついてきた頃の姿が浮かぶでしょう。




『ぎゅっ』
 ジェズ・オーバルバラ 作・絵
 徳間書店


お散歩していたジョジョくん、ぞうさんやライオンやキリン親子、みんなが「ぎゅっ」としているのをみて、いっしょにうれしくなっていました。でもだんだんにジョジョはさみしくなってしまいました。ちょうどそこにママがさがしにきてくれて、「ママー!」 。
 ママに「ぎゅっ」とされてしあわせそうなジョジョくんを見たら、お子さんもきっとママに「ぎゅっ」としてほしくなるでしょうね。本を閉じたらさっそく「ぎゅっ」としてあげてくださいね。




『もみじちゃんとチュウ』
 村上康成 作
 ひかりのくに(株)

 秋ですね。ちょうど今は木々の葉が色づき、落ち葉広いも楽しい季節です。今の季節にぴったりの絵本を紹介しましょう。
 真っ赤に色づいた「もみじちゃん」がやってきました。もみじちゃんは出会ったみんなに「チュウ」をしていきます。するといのししさんも、きつつきさんも、へびんさも、さけさんも、さるさんも、のりちゃんもたけるくんも、ねこのシモンも、み〜んなみ〜んなまっかっか。パラッパ、パラッパ。
 さあ! みんなで「チュウ」しようね!
 きっと、しあわせな気分になると思うよ。




『ふんふん なんだかいいにおい』
 にしまきかやこ 絵と文
 こぐま社

 さっちゃんは、お母さんの誕生日のプレゼントのお花を摘むために、野原に向かいました。途中きつねのこやくまのこ、おおかみのこに出会います。おいしいものの話しを聞いて、きつね、くま、おおかみのこたちは、さっちゃんの家に行きます。さっちゃんが帰ってきておかあさんにお花をプレゼントすると、おかあさんはさっちゃんをぎゅっと抱っこしてくれました。それを見ていたきつねのことくまのこは、おかあさんが恋しくなり帰っていきました。ところがおおかみのこは、オーンオーンと泣き出しました。
 さてさてそれからどうなったかな?




『ちゅ』
 ふくだすぐる 作・絵
 岩波書店

 親子リズムの小さなお友だちが、「森さんに『ちゅ』」ってキスしてくれたら、甥も「ちゅ」ってしてくれて、久しぶりに子どもから「ちゅ」されて、とってもしあわせでした。それで、そうそうこんなステキなキスの本があったっけって思い出したのがこの本です。 ストーリーなんてないんです。小さな可愛いネズミさんが、大切なお友だちみんなに「ちゅ」ってキスをしてまわるだけ。でもキスされたお友だちたちの、頬の赤らむのが何ともステキ。こんなふうに大切な人に「ちゅ」って自然にできるといいね。




『ぼくを抱きしめて』
 パティ・ストレン 作・絵
 カワイ出版

 ヤマアラシのエリオット・クラヴッツは友だちがほしかった。おしゃべりしたり、遊んだり、大切なことを話し合ったり、でも一番ほしいのは「抱きしめ合うことができる友だち」でした。でもハリのあるヤマアラシは抱き合える友だちが見つかりません。電柱や信号機を抱きしめてみましたがむなしいばかり。
 ある日、彼はテルマ・クレイヴィッツという、ヤマアラシの女の子と出会った。さて、彼は抱き合える友だちができたのかな?
 絵本目次へ    HOME